竹内涼真、兄ぶりを自画自賛「妹と弟は感謝してほしい(笑)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の竹内涼真、女優の中条あやみが6日、都内で行われた電子書籍配信サイト『コミックシーモア』の新CM発表会に参加。竹内は自身の“兄ぶり”を自画自賛していた。

【動画】中条あやみ、竹内涼真の「サイズ感がいい」発言に照れ

 新CMで竹内と中条あやみは兄妹役で登場。マンガに夢中な兄役を竹内、マンガ好きな兄に影響されて自分もどんどんマンガにハマっていく妹を中条が演じている。中条は「目が似てるんじゃないかな」と撮影を振り返ると、竹内も「CMの現場は1日とか2日で撮り切る。会話が弾みかけて終わるんですけど、最初にお会いして撮影が始まってから距離が縮まるスピードが早かった感じがした。テンポよく撮影できて楽しかったです」と笑顔を見せた。

 中条の“妹ぶり”を問われた竹内は「バランスがいい感じがしました。僕も大きいし、中条さんも割と大きい。サイズ感はいい塩梅で、しっくり来ました」とにっこり。一方の中条は「こんな爽やかでイケメンなお兄ちゃんがいたらなぁ。こんなお兄ちゃんがほしかった」とうらやむと、竹内は「ホントに僕の妹と弟は感謝してほしいですね(笑)。だいぶ優しいお兄ちゃんだと思うので」と冗談めかして兄ぶりを自画自賛していた。

 実際に兄がほしかったという中条。すると竹内は「絶対に長男でよかったと思います。お下がりとか嫌じゃないですか。自分が先にしたいなと思います。お兄ちゃん、お姉ちゃんがほしいというの思ったことないですね」ときっぱり。中条は「確かに写真もお姉ちゃんの方がいっぱいある。ないがしろにされた気分…」とこぼすと、竹内は「絶対に、そんなことはないんだけどね」と中条の両親をフォローしていた。

 新CMは7日から全国で放映される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事