ブシロード、「ヒットの大原則」明かす メディアミックス展開に注力の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブシロードが6日、オンライン上で10月に放送されるテレビアニメ『アサルトリリィ BOUQUET』の商品化に関するライセンシー説明会を開催した。

【動画】アニメ、声優出演の舞台…映像で分かる『アサルトリリィ』の歴史

 テレビアニメのほか、アプリゲームの制作も決定している同作は、近未来の地球が舞台で、人類は「HUGE(ヒュージ)」と呼ばれる謎の巨大生命体の出現で破滅の危機に。これに科学と魔法の力を結集した「CHARM(チャーム)」という決戦兵器の開発に成功し、これを扱う女性は「リリィ」と呼ばれた。人々を守るため、立派なリリィを目指して戦う少女たちの物語が描かれる。

 アニメーション制作は『〈物語〉シリーズ』『3月のライオン』など多くの名作を手がけたシャフトで、アニメ化の反響について担当者は「大変期待が高まっている状況で、海外からも反応が来ており、グローバル展開も期待できる状況です。」と説明。今冬にアプリゲーム配信もあることから、ヒットを感じていると話した。

 ブシロードでは現在、アニメやライブ(舞台)化もされている『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』などメディアミックス作品を抱えている。『アサルトリリィ』はすでに舞台化もされており、アニメ、ゲーム化と今後続くわけだが「我々ブシロードが考えるヒットする大原則は、『メディアミックス』『プロモーションミックス』ができること」と明かす。

 「情報が多数ある世の中で、年間通して新しい情報を出していける、新しいサービスをお客様に提供できる、常にお客様に気を引いていただけるようなことが重要だと捉えています。この作品も総合的にメディアミックスをしていく作品で、自信を持ってお送りできるコンテンツとなっております」と伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事