ゆきぽよ、自作デザイン“ギャル浴衣”姿を披露「トレンド入れつつ、ギャルも捨てずに」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルのゆきぽよが6日、オンラインで開催された『あどびはなび』イベントに出席。浴衣姿を披露すると「今年は着る機会がないかなと思っていたけど、久しぶりに着ることができてよかったです!」と声を弾ませた。

【動画】仲が良すぎるぺこぱと写真を撮り合うゆきぽよ

 「自分でデザインを考えたんですけど、超ギャルっぽくない!? ヒョウ柄を入れて、今年は半身で違う感じがはやってる。トレンドを入れつつ、ギャルも捨てずに頑張りました」。同席したお笑いコンビ・ぺこぱは「ゆきぽよちゃんに合ってて、かわいい!」と声をそろえて絶賛していた。

 同イベントは、写真の撮影、加工を通じて花火の思い出を形に残すことで“記憶に残る夏”にすることがコンセプト。実際におもちゃ花火の体験や、アドビ製品のカメラアプリを使用した撮影、加工デザインに挑戦した。

 花火の思い出を聞かれたゆきぽよは「学生のときに付き合っていた彼氏と家の近くの公園で花火をしたことがあります」と告白。当時の彼氏と花火で「好き」「LOVE」など幸せいっぱいな文字を描いたと言うが「結局、浮気されて別れましたけど…」と“オチ”を付けて、笑わせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事