映画『マーティン・エデン』注目のイタリア人俳優ルカ・マリネッリ場面写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冒険小説「野性の呼び声」で世界的名声を獲得した作家ジャック・ロンドンの自伝的小説を、イタリアを舞台に映画化した『マーティン・エデン』が、9月18日より東京・シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。

【動画】映画『マーティン・エデン』予告編

 監督は、本作で2019年トロント国際映画祭審査員プラットフォーム賞、2020年イタリア・アカデミー賞脚色賞を受賞し、ポン・ジュノ監督も注目する新鋭ピエトロ・マルチェッロ。無学の青年が上流階級の女性と出会い教養に目覚めて、作家を目指し、独学で底辺から高みへと上り詰めようとする切望と激情を圧倒的な迫力をもって描き切った。

 貧しい船乗りの青年マーティンは、上流階級の娘エレナと恋に落ち、教養に目覚める。激動する時代、労働者地区に生まれ育った無学の青年は、運命の出会いに導かれて文学にのめり込んでいく。作家になるという夢に向かい一心不乱に己の道を突き進むが、生活は困窮し恋人の理解も得られない。絶望にかられてすべてを諦めようとした矢先、彼の運命は一変する。果たして彼を待ち受けるのは希望か、絶望か――。

 このたび、主人公マーティンが文学の道を志すきっかけとなった上流階級の娘・エレナとの恋する日々をとらえた場面を始めとする5点が解禁された。ひとつの傘の下でエレナと向かい合って語り合うふたり、のどかな田園風景を望む列車で並んで本を読む仲睦まじい姿は絵画のように美しい。作家を志して一心不乱に読書する姿に続いて、作家として成功した後、髪を明るく染めたマーティンがタバコを手にソファーに横たわっている場面、バーで怪しい男たちとギャンブルに興じる不穏な場面も。

 演じるのは、Netflix映画『オールド・ガード』のニッキー役で注目を集めるイタリア人俳優ルカ・マリネッリ。2019年、ヴェネツィア国際映画祭で初披露され本作では、主人公の「絶望の青春」を全身全霊で演じ、男優賞を受賞している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事