細川たかし、愛弟子・杜このみの妊娠を祝福「高安も喜んでいると思う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 演歌歌手の細川たかし(70)、大相撲の高安晃関(30)と結婚&第1子妊娠を発表した演歌歌手の杜このみ(31)が11日、都内で行われた『TOKYO SAKE FESTIVAL2020』のオープニングセレモニーに出席。細川は愛弟子の杜の妊娠を祝福した。

【動画】妊娠発表後初ステージで熱唱する杜このみ

 福祉大相撲での共演をきっかけに知り合った高安関と杜は、昨年の杜の誕生日の7月2日に高安関がプロポーズ。婚約発表以来、高安関の様子を身近に見てきた杜は、妻としてしっかりと支えて行きたいという気持ちから、復帰の場所でもあった夏場所の前に結婚を決めた。また、同時期に妊娠している事も分かり、二重の喜びの報告になった。杜は「お腹に新たな命を授かりました。初めての事、そしてコロナ禍の妊娠で不安もありますが、会える日を楽しみに、かけがえのない愛しい宝物を夫婦で守ってあげたいと思っています」と報告している。

 この日、妊娠発表後初の公の場となった杜。細川は最近、うれしかったお酒を問われた細川は「それは、私の弟子の杜このみに赤ちゃんできたこと。高安も喜んでいるんじゃないかな」と頬を緩ませた。「子どもが男の子なら関取、女の子なら演歌歌手」という発言も。「どっちが産まれても儲かるんじゃないの? 相撲は高安がいますから小さいころから四股を踏んで。女の子なら小さいころから、こぶしを回せばなんとかなるんじゃないかな」と冗談めかして語っていた。

 高安関について聞かれると「高安関はおとなしい。このみの(方)が強いんじゃないですか。かかあ天下でしょうね、あそこは」とニヤリとしていた。妊娠の報告は電話で受けたそう。「11月ごろから実家の北海道に帰って、札幌で出産することを本人から聞きました」と明かしていた。

 セレモニーでは細川と杜がデュエットで「浪花節だよ人生は」を歌唱。細川から改めて「このみちゃんがお母さんになる」と紹介されると、会場からは拍手が。現在は妊娠4ヶ月で来年2月に出産を予定していることを明かし「まだ、いろんな不安でいっぱいです。コロナ禍も気をつけながら頑張りたい」と決意を語った。

 細川から「男の子でエラい歌がうまかったら、どうするの?」と問われると杜は「そりゃ演歌歌手になってもらいたい」とにっこり。それでも最後は「本人に決めてもらいたいですね」と意思を尊重するという。その後、1人でステージに。改めて「人妻になりました」と結婚を報告。「不安な気持ちもございますけど、何より幸せな気持ちでいっぱい。歌手としましては母になって、来年パワーアップしていけるように。『杜このみちゃんを応援してよかった』と思っていただけるような演歌歌手になりたいなと思います」と誓いを立てていた。

 『TOKYO SAKE FESTIVAL2020』は8月11日~16日に東京・新宿住友ビル 三角広場で開催。日本酒のセレクトは日本酒プロデューサーの上杉孝久氏と日本酒スーパーバイザーの平出淑恵氏の協力のもと、日本全国から厳選した51もの酒蔵から取り寄せている。広報大使/アンバサダーを務める細川は「無事にフェスティバルが開催できてうれしい」と笑顔を見せた。

■細川たかし&杜このみミニコンサートセットリスト
細川&杜デュエット
01. 浪花節だよ人生は
杜このみ
02. のぞみ酒
03. 郷愁おけさ
細川たかし
04. 心のこり
05. 北酒場
06. 矢切の渡し
07. 2020イヨマンテのよる(公式テーマソング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事