『半沢直樹』に食らいつく『MIU404』、2作が満足度首位タイ 『わたナギ』好調でTBSの“3強ドラマ”上位独占
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SNSの“祭り”も話題の『半沢直樹』(TBS系)だが、綾野剛&星野源の主演ドラマ『MIU404』(TBS系)の熱量も相当な勢いを見せている。「ドラマ満足度ランキング」では前週に続き、今回も同2作が満点を獲得。首位タイを2週連続でキープした。調査は7月28日から8月3日の放送を対象。

【ランキング表】TBSの“3強ドラマ”がTOP3を独占 「死んでも嫌だね」 予告だけでも面白い!

『MIU404』の6話目は、「相棒」をテーマに星野源演じる志摩の過去を明かす内容だった。ゲスト出演した村上虹郎の熱演ともに、綾野演じる伊吹との結束力を見せつけたストーリーに、視聴者から「泣いた」「気持ちのいいコンビ」などと熱い声が相次いだ。なお、『MIU404』の満点は、3話目と5話目に続く3度目となる。

 一方の『半沢直樹』の3話目は、前シリーズでも人気の高かった黒崎駿一(片岡愛之助)が再び登場。因縁の対決が描かれたなかで、「これ直樹のよね?」と唐突にファーストネーム呼びをするなど、クセいっぱいのシーンが炸裂。Twitterの賑わいは数日後まで続いていた。同作の満足度は、初回から「いきなり満点」をたたき出しており、3話まですべて満点という新記録を更新中だ。

 そして3位には、多部未華子主演の『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)がランクイン。前週に続き、今回もTBS系ドラマがTOP3を独占した。企業エンタメもの、刑事ドラマ、ラブコメと、まったくジャンルの異なる3作で高評価を得ているところから、TBS系ドラマの高い作品力がうかがえる。

●「ドラマ満足度ランキング」とは
「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事