FLOWのTAKE、新型コロナウイルス感染 メンバーは「保健所の指示に従って検査など対応」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックバンド・FLOWのTAKEが、新型コロナウイルスに感染したことを14日、公式サイトで発表した。

FLOWのプロフィール

 公式サイトでは「TAKE(FLOW)の新型コロナウイルス感染に関するご報告」と題したエントリーで「8月14日、TAKE(FLOW)が新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたことをご報告いたします」と発表。「本人より発熱、味覚異常の症状があるとの報告があった為、医療機関にて受診、医師の指導によりPCR検査を受検したところ8月14日に陽性であると判断されました」と経緯を説明。

 「陽性判定を受け、自宅にて療養中ですが、保健所の指導を待って然るべき施設にて療養予定です。現状、発熱などの症状は無く、容体は安定しております」と病状を伝える。ほかのメンバーに関しては「現状、体調不良などの症状は出ておりません」とするが「今後、医療機関、保健所の指示に従って検査など対応いたします」という。

 この日に予定されていた「TAKEのクリエイターズトーーク!vol.2」の生配信は延期。現在、振替配信の日程を調整で、決まり次第、オフィシャルホームページで発表される。

 最後は「配信を楽しみにお待ち頂いておりました皆さま、ゲスト出演予定の増田俊樹さま及び、関係者の皆さまにはご迷惑をおかけすることとなり申し訳ございません。何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます」と結んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事