曽田陵介×梶田冬磨×永井理子×尾尻愛インタビュー YouTubeドラマで共演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 恋愛リアリティ番組をきっかけにティーンから人気を集める若手俳優・曽田陵介(22)をはじめ、梶田冬磨(20)、永井理子(22)、尾尻愛(18)らが出演するドラマ『ラハイナ・ヌーン』が、14日・15日・16日の3回に分けてYou Tubeで公開される。ORICON NEWSでは、撮影中のキャスト4人にインタビューを実施。今後の抱負や作品の見どころなどを話してもらった。

【動画】曽田陵介×梶田冬磨×永井理子×尾尻愛 キャスト4人のインタビュー映像

 同ドラマは、『相棒』や「仮面ライダー」シリーズの撮影現場で“見習い中”の法政大学3年生・谷口雄哉さん(20)が脚本・監督を手掛けた新作ドラマ。

 親友の自殺、ネグレクト、同性愛者。それぞれ人に会いたくない理由を持つトオル、ミツキ、サクラの3人が、ネット掲示板「悩み相談室」を通じてリモートミーティングに参加することに。お互いのことをまったく知らなかった3人だが、しだいに打ち解け合っていく。やがて、彼らを招集した張本人、カイトがミーティングに加わると状況が一変。カイトは自分が12年前に起きた一家心中の際に生き残った子どもであることを打ち明ける。3人との関係は? という内容だ。

――それぞれ自己紹介をお願いします。

【曽田】カイト役を演じました。僕は俳優業を中心にやりながら、モデルの仕事や情報番組『猫のひたいほどワイド』(tvk)などに出演しています。

【梶田】トオル役の梶田です。僕も俳優業を中心に、曽田さんと同じ番組に曜日違いで出ています。その番組では一緒になることがないので、今回、お会いできてよかったです。ほかの皆さんとも初共演でした。

【永井】今は主にお芝居を中心に頑張っています。

【尾尻】関西でお芝居をしています。

――今後の抱負も聞かせてください。

【曽田】僕は、今年4月から東京で仕事を本格的にはじめたところで、お仕事一つひとつにひたむきに頑張っていこうとおもっています。いつか、ゴールデン帯のテレビドラマにレギュラー出演したいです。

【梶田】芸能活動をはじめたのは、中学3年生の時で、高校3年生の時にABEMAの恋愛リアリティ『恋する週末ホームステイ season3』に出て、ちょっとだけ知名度が上がって良かったんですが、“恋リアの人”のイメージがまだ強いので、変えていけるように俳優として頑張っていこうと思っています。

【永井】私も前に出ていたリアリティ番組の印象がまだ強いので、女優として認められるようになりたいな、と思っています。でも私が出ていた番組が世界中で配信されていることもあって、いろんな国の方にSNSをフォローしてもらったり、知っていただくことができたことは、強みにしていきたいと思っています。以前、タイに行った時に現地の方に声をかけられて一緒に写真を撮ったことや、渋谷で外国人旅行者に声かけていただいたことがありました。

【尾尻】私は、お仕事を始めたのが2年前でまだまだ未熟もので、皆さんほど知られていないので、これからもっと、いろんなことを経験して、いろんなものを見て、コツコツ頑張っていこうと思っています。出演した作品で「この子誰?」と思ってもらえるようにお芝居を頑張りたいです。

――『ラハイナ・ヌーン』をどのように受け止めましたか?

【曽田】監督から直接台本をいただいて、考えさせられる内容だったので、監督と話し合いながら、自分でもよく考えて演じるように心がけています。リモートミーティングという設定なので、カメラに向かってお芝居をするんですが、何回やっても慣れないな、と思っています。相手の表情が見えない中でお芝居するのは難しいですね。

【梶田】相手の顔を見れた方が、感情の変化が生まれやすいと思うんですけど、このドラマはコロナ禍だからリモートドラマではなく、この題材だからリモートドラマっていうのが、身にしみてわかって、こういう社会派の作品に携わるのが初めてだったので、自分的には気合を入れて撮影に入りました。

【永井】いまこの状況下で心が苦しく重くなって方もいると思うんです。いままで平気だったのに、なんか、つらいと感じている方に、勇気づけるまではいかなくても、何か感じていただけれるものがあったらいいな、と思っています。

【尾尻】今回、同性愛者という役だったので、同じような境遇の方が不快な思いをされないように、役と真剣に向きあおうと思いましたし、そうやってお芝居に集中できて楽しかったです。それに、上京して、もっといろんなお仕事したいなって、思いました。背中を押してもらえた気がします。

――視聴者にメッセージをお願いします。

【曽田】僕らと同じ若い世代の励ましになればいいな、という作品なのでぜひご視聴ください。

【梶田】皆さん演じる役がいろんなものを抱えている役なんですけど、若い世代の方に伝わるものがあればいいし、伝わったらいいなと思って精一杯演じました。ぜひ観てください。

【永井】私にとっては、初めての同年代のスタッフ、キャストのチームで作った作品です。同世代だからこそ伝えられるものがあると思いました。You Tubeですし、気楽に見て、少しでも何か、よくも悪くも、感じていただけたらと思います。ぜひ、ご覧下さい。

【尾尻】10代、20代の方は悩みの一つや二つ、大小関係なくあると思うんですが、人に頼ることが苦手な方もいらっしゃると思うのですが、この作品を心の拠り所にしていただけたらな、と思います。

■連続ドラマ『ラハイナ・ヌーン』
https://www.youtube.com/channel/UCUM1sQXxVZ3K2b5O8vbhMEw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事