柄本明、河合郁人ら『24時間テレビ』志村さん企画ドラマ出演 シーン写真も公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月22日、23日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ43』内で、スペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』(22日午後9:00頃~)に、主要キャストとして柄本明、川栄李奈、河合郁人(A.B.C-Z)、三浦りょう太(りょうの漢字は「けものへん」に「寮」)が出演することが発表された。

【写真】川栄李奈、河合郁人らの出演シーンカット

 同作はテレビでは見せない、誰も知らない“想い”を抱えていた志村さんの物語をドキュメント映像とドラマ、志村さんの愛した音楽を通して描く。ドラマパートでは、番組パーソナリティーのジャニーズWEST・重岡大毅が主演、人気番組『天才!志村どうぶつ園』で志村さんと共演していた嵐・相葉雅紀も出演する。

 この日は、志村さんと何度も共演し名作「芸者コント」を生み出した柄本が、テレビディレクター役の重岡と向かい合うシーンなどの、シーン写真も公開された。

【あらすじ】
「コントの神様」と呼ばれた一人の男が居た。その人物は、老いも若きも男性も女性も誰もがその名を知るコメディアン『志村けん』。彼は、生涯をかけて『芸』の道を歩み、『笑い』を生み出し、世の中の人々に届け続けた。だが彼はそんな周りの人々にさえ、自身の『素』の姿を語ることを避けていた。自分を曝け出すことを良しとはしていなかった。

しかし2004年、長く守りつづけた自身のルールを変える出来事が。誰も知らない“想い”を抱えていた志村さんの物語。最後に残したメッセージ、仕事を共にした人たち、そしてスタッフたちが16年間で目撃した、知られざる素顔とは…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事