三吉彩花&阿部純子、“何でも話せる関係性”が映画に反映 普段から仕事の悩みなど相談する間柄
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・中目黒でルームシェアをする小春と彩乃という2人の女性を主人公に、仕事・妊娠・家族と向き合う姿を描く映画『Daughters』(9月18日公開)。イベントデザイナーとして働き、彩乃を支える小春は映画『ダンスウィズミー』『犬鳴村』で主演を務めた三吉彩花、シングルマザーとして子どもを産むことを決意する彩乃は『461個のおべんとう』『罪の声』と出演作の公開が続く阿部純子が演じる。2人が小春と彩乃の関係性をどう見ているのか、またライフステージとともに変化する友人関係への感じ方について話を聞いた。

【インタビュー別カット】ため息が出るほど美しい!阿部純子&三吉彩花の決め顔ショット

――おふたりには小春と彩乃の関係はどう映りましたか?

【三吉】すごくいいなって感じました。最初に台本を読んだ段階ではどういう距離感で、どういう2人なのか、あんまり想像できていなかったんです。ですが妊娠・出産といういう大きな出来事とそれを小春がそばで支えること、お互いがお互いに感じる不安やむしゃくしゃする気持ち、最終的に2人が赤ちゃんを一緒に育ててたくましく未来に向かっていくのは、演じていくうちにとてもリアルだなって感じました。

もちろん親友としての形は最初からあったと思いますが、2人の価値観や物事の捉え方がどんどん変わっていく。ですが寄り添っていることには変わりはないのだと、私には映りました。

【阿部】友情関係って時間によってどんどん変わっていくものですし、私もこれまで女性同士の友情が深まっていくこともあれば、遠ざかっていくこともありました。彩乃と小春はどんどん深まっていって、ふたりでひとりの赤ちゃんを育てようって未来に向かって歩き出すのは、見ていて心強いなって思いました。ただ、まだ私はこの作品を客観的に観られなくて。小春のシーンはすごく安心して観られるけど、自分のシーンはそう観られないんです(笑)。

――親友同士という役の関係性はどのように作っていったのでしょうか?

【三吉】撮影が始まる前に小春と彩乃が住むアパートでお昼ご飯を食べたり、話をしたり、1日ゴロゴロして過ごす時間があって。それが大きかったと思います。

【阿部】三吉ちゃんだからこそ話しやすかったし、居心地がよかったので、その関係が映画にも反映されているかなって思います。

――実際のお二人の関係性は?

【阿部】三吉ちゃんにはなんでも話せます。特に仕事のことは悩んだらすぐに話したくなる。きっとこの作品が終わったあとも相談するんだろうなって勝手に思っています。

【三吉】私の方が年下ですけど、たくさん相談してくれたり、話をすごく聞いてくれました。そういう存在はなかなかたくさんは巡り会えないですし、撮影を通じて純ちゃんの人間性を知ることができたので、この作品に出会えてよかったなと思いました。

【阿部】そうですね、私もそう思います。

――昨年の3月・6月・10月と三回に分けて約8ヶ月の撮影が行われましたが、このように長い期間同じ役を演じることはあまりないと思います。間があいて、役が抜けることなどはありませんでしたか?

【三吉】全然なかったですね。

【阿部】撮影が終わるたびに三吉ちゃんの髪色が変わって、それを見ると別の現場に行って帰ってきているんだなって感じていました(笑)。

【三吉】そうね(笑)。でも常に連絡は取り合っていたよね。

【阿部】うん、関係性は変わらなかったよね。

――今回の作品のように、仕事や結婚、出産などで友人との関係性が変化した経験はありますか?

【三吉】妊娠や出産、結婚は女性にとってもちろん大きいことで、だんだん誘いづらくなったり誘われなくなったり、連絡を取る頻度が減ったり、毎日一緒にいたけど全然会わなくなったこともありますね。別に仲が悪くなったわけではなくてもそういうことは日常的にあって、毎回人との距離感って不思議だなと思うんです。ですが別になんとも思わないです(笑)。そういうタイミングだよなと考えて、しつこく何かを相手に求めたりはしないです。

【阿部】私もそういうきっかけで友だちとの関係性が変わることはありました。でもそれは目の前のことに一生懸命になっている時間だと思うので、その人のことを応援していたり、好きだったりする感覚は変わらなくて。

もちろん久しぶりに会ったら、空いていた時間を埋める必要はあるかも知れないけど、そうやってお互いにお互いの存在をわかりあえていたら一番いいなって思います。それにその時に自分にとって必要な人が現れるってなんとなく信じているところがあるので、その友だちにもそういう人がいるんだろうなって思うんです。

――恋愛や仕事など、自分にとって大事なものはそのときどきで変化していくと思うのですが、おふたりが今大切にしていることは?

【三吉】ごはんの時間。

【阿部】大事、とっても大事(笑)。

【三吉】大事にしていますね。今は外食に行くのも気を使うのでなるべく自炊をしていますが、自分と向き合う数ヶ月があったからこそ、余計に体に取り入れるものに気を使うようになりました。

そうすると自分の体調や肌の調子にいろんなことがわかりやすく出てくるので、楽しくなってきました。なので、ごはんの時間は食べものに向き合って(笑)、ゆっくり食べています。

【阿部】私も、仕事と自分の体とのバランスは考えていますね。すごく当たり前なことで恥ずかしいんですけど、ごはんを食べるとか適度な運動とか。それをしっかりできていると仕事も頑張れるし、自分の時間も取れるので大事にしていることなのかなって。それにやっと気付けた感じがします。

――もし現在の状況が落ち着いてふたりでごはんに行けるとしたら、何を食べたいですか?

【阿部】ねえ、何食べたい?かき氷かな?

【三吉】かき氷は食べたい。

【阿部】だいぶ前から食べたいよね。

【三吉】もうかき氷マシーンを買って食べようよ(笑)。

【阿部】あとはホームパーティとか楽しそうだね。

【三吉】いいね、おうちで作ったごはん食べたいね。純ちゃんが食べたいものを作るよ(笑)。

【阿部】え〜そうだな〜。炊き込みご飯と……和食でお願いします!

【三吉】任せてください(笑)。私はお鍋が食べたい。キムチチゲとか!

【阿部】わかりました(笑)。

取材・文:東海林その子
撮影:KOBA

<三吉彩花>
ヘアーメイク:牧野裕大
スタイリスト:藤本大輔
衣装:G.V.G.V、JIMMY CHOO、Lana Swans

<阿部純子>
ヘアーメイク:DAISHI
スタイリスト:小林洋治郎(Yolken)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事