BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一部週刊誌で過去の不倫が報じられたロックバンド・BUMP OF CHICKENのベースの直井由文(40)について、所属事務所・ロングフェローが18日、ツイッターを通じて謝罪した。

【写真】BUMP OF CHICKENでベースを担当する直井由文

 事務所は「報道されております、弊社所属アーティストのBUMP OF CHICKEN 直井由文の記事に関しまして、書かれている内容に事実と異なる部分はございますが、当時親しくさせて頂いていた女性である事を確認致しました」と報告。「この方が現在深く傷つかれてしまっている事に、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 続けて「今回の報道により、日頃よりBUMP OF CHICKENの音楽を愛して下さっているリスナーの皆様、応援して下さっている関係者の皆様に、ご心配、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません」とし、「本人も心から反省しており、今後は音楽活動にさらに邁進し、素晴らしい作品を作り出していくことで、リスナーの皆様との絆を取り戻していきたいと考えております」と伝えた。

 同日、直井は自身のツイッターを更新し、不倫報道について謝罪。直井は「この度報道されました私の記事に関しまして、当時親しくさせて頂いていた女性に対して誠実な対応が出来ていなかった事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「また、日頃より応援してくださっているリスナーの皆様、お世話になっている関係者の皆様に、ご心配、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」とつづった。

 「今回の記事の内容で、BUMP OF CHICKENの音楽を愛して下さっているリスナーの皆様に嫌な思いをさせてしまった事、楽曲への信頼を失ってしまう事が、何よりも怖く、悔しいです」とし、「そして、これまで一緒に音楽活動をしてきたバンドメンバー藤原基央・増川弘明・升秀夫、支えてきてくれた家族・スタッフに対しても申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当に、申し訳ございません」と記した。

 その上で「これまでの自分を省み、これからの自分を正しながら、今まで以上に音楽活動に精一杯向き合うことで、傷ついてしまった信頼を回復していきたいと考えております」とした。

 『文春オンライン』が同日、直井が結婚していたことを隠して過去に一般女性と不倫していたことを報道。記事では、所属事務所幹部が同編集部を訪れ、直井は現在も妻子がおり、他にも不倫関係にあった女性がいたことなどを認めたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事