ピエール・カルダンのドキュメンタリー、中国に切り込む本編映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モード界の革命児、伝説のファッションデザイナー、ピエール・カルダンのドキュメンタリー映画『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』(10月2日公開)から、社会主義国に装う楽しさを広めていった功績を伝える本編映像が解禁された。

【動画】映画『ピエール・カルダン』本編映像

 ブルジョワ向けのオートクチュール(高級仕立服)から脱却して、プレタポルテ(既製服)に業界で初めて本格参入し、未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたピエール・カルダンのドキュメンタリー。

 今も現役で活躍するレジェンドが語るのは、ファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへ脱出した記憶に始まり、先鋭的すぎてファッション界から敬遠された苦悩と反撃、ジャンヌ・モローとの運命的な恋、情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン「マキシム・ド・パリ」のリベンジ買収など、波乱万丈でカラフルな97年間。

 ファッション後進国だった日本や人民服を着ていた中国に先陣を切って乗り込み、おしゃれの楽しさを世界中に伝えた伝道師でもあった。スキャンダラスな天才デザイナーのチャーミングな素顔と輝かしいレガシーが、秘蔵映像や豪華なゲストたちの証言から浮き彫りになる。

 この動画では、グローバルとは程遠い時代に他国との交流が薄かった旧ソ連や中国、キューバ、アフリカなどの社会主義国に行き、現地の人と交流して、装う楽しさを伝えるカルダンの姿を見ることができる。

 冒頭で「自分をフランス大使とお考えですか?」と聞かれ「デザイナーという職業の代表だ」と答えるピエール・カルダン。しかし、キューバのカストロ議長やネルソン・マンデラ大統領などと映る姿は、大使以上の存在と言えるだろう。

 当時まだ人民服を着ていた中国に行き、“世界初の万里の長城でのファッションショー”を手掛けるなど、40年以上も中国でショーを続けている。中国という国1つをピックアップしてみてもその影響力のすさまじさは計り知れない。劇中ではさらに日本との深いつながりも存分に描かれる。ファッションだけでなく文化の交流の架け橋となったカルダンの姿から何を感じるのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事