NMB48、大阪観光SPサポーター就任 吉田朱里はGo To Eatで焼肉希望「これを機にいいお店に行けたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・NMB48の小嶋花梨、吉田朱里、白間美瑠が18日、大阪・NMB48劇場にて開催された『NMB48大阪観光スペシャルサポーター就任発表』および『Go To Eat大阪キャンペーン プレミアム食事券事業』発表会見に出席。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で打撃を受けている大阪府の飲食店や観光業界を大阪観光局と共に盛り上げる大阪観光スペシャルサポーターに同グルーブが就任した。

【写真】くいだおれ人形とともに…頬に手をあてるNMB48

 小嶋が「このたび大阪観光スペシャルサポーターをさせていただくことなりましたNMB48です。これから大阪をさら盛り上げるように頑張りたいと思います」とあいさつ。続けて吉田が「私は10年間、NMB48というアイドルグルーブで活動させていただき、大阪のことが本当に大好きなので、10年やったアイドルの力と一緒に盛り上げていけたら」と意気込んだ。白間も「大阪を笑顔いっぱいにできるよう、大阪の良さを発信していって、盛り上げていきたいと思います!」と決意表明した。なお、同グルーブには大阪観光スペシャルサポーターの名刺も渡された。

 トークセッションでは、大阪観光局の溝畑宏理事長と小嶋、吉田、白間でさまざまな企画を紹介。「大阪を元気する企画 第1弾」として「大阪周遊パス」の事業を紹介した。「大阪周遊パス」は乗車券1枚で電車・バスに乗り放題、40以上の施設が無料で、90以上の施設で割引もしくは特典が付いている。料金は1日券で2800円、2日券で3600円。大阪城天守閣、空中庭園、とんぼりクルーズ、美術館や博物館などに加えて、温泉でも使える1枚。溝畑理事長は「インバウンドのお客様は好評。昨年は100万枚以上売れました」と語った。「あらゆるエンターテイメント、文化、スポーツを楽しめます。これからインバウンドだけじゃなく、NMB48の皆さまのお力を借りて、大阪の人、関西の人にももっともっととディープな大阪を知ってもらいたい。この『大阪周遊パス』を通して大阪の魅力の掘り起こし、再認識、再発見してもらいたい」と呼び掛けた。

 ここで「もし溝畑理事長とお出かけするなら?」とデートプランを問われたNMB48の3人。アートスポットならどこを推薦するかと聞かれた小嶋は「大阪市立美術館とか国立国際美術館など行ってみたい」と回答。溝畑理事長も「大阪は意外と博物館とか美術館が豊富にある。文化や美術も楽しめるのも一つの売りだと思うので、いいところを目に着けましたね~!」と感心した様子。吉田には「理事長から大阪の歴史を学びたいとリクエストがあったら、どんなところを案内したいか」という質問。吉田は撮影で訪れたという大阪城天守閣をピックアップ。溝畑理事長も「世界の人からも人気スポットでも、必ず3本の指に入ります。日本でも大阪の観光といえば天守閣は定番になっているので、ここはぜひ観てもらいたいですね!」とプッシュした。

 白間へは「水の都のリクエストがあったらどこをオススメするか」という質問。「私は大阪湾をクルーズできるサンタマリアや道頓堀クルーズしたいです」と答えた。子どもの頃、パリで育ったという溝畑理事長は「ロンドンもパリもそうですが、大阪の歴史の中で舟を使った水路は非常に魅力あるスポット。最近は中之島や北浜など、おしゃれなテラスもありますし、水を使った観光を楽しんでもらうのも大阪の一つの売りかなと思います。これから万博で夢洲、舞洲、咲州などのベイエリア(が注目される)。夜景もきれいで、万博も開催されて、IRの施設ができて、5年後、10年後にはアジアで一番の魅力的なゾーンになっていくので、そういう意味でもいいところに目を付けていると思います!」と太鼓判を押した。

 また「大阪周遊パス」で仮にすべての施設に入場するとどのくらい料金がかかると思う?という質問も。小嶋が「1万円くらい? そんなにしないかな」と首をかしげた。吉田は3万円。白間は「じゃあ、その間の2万円。どれか当たりそう」と答えた。答えは「合計おおよそ4万円」。3人からは「そんなに!?」と驚きの声が上がった。「大阪周遊パス」があれば、およそ4万円分の施設に1日券2800円、2日券3600円で回り放題となることから「絶対お得ですよね!」と口々に声を弾ませました。

 溝畑理事長は「新型コロナウィルスの影響で海外旅行もできない、遠方にも行けないという時に、自分たちが住んでいる町である大阪の魅力を再発見してほしい。東京は江戸時代以降500年の歴史がありますが、大阪はさかのぼると1500年ある。古い歴史があって、歴史的なものがいっぱいあります。『水』とか『歴史』とかテーマを決めて身近に楽しんでもらえたら。マイクロツーリズムといって身近なところを楽しむというのが今年の国内観光トレンドになっている」と、「大阪周遊パス」を使って大阪の魅力を再認識してほしいと訴えた。

 続いて「大阪を元気にする企画 第2弾」として、溝畑理事長が「Go To Eat大阪キャンペーンプレミアム食事券事業」の概要を説明した。「大阪はコロナウィルスの感染が拡大し始めた2月くらいから、飲食業者、観光業者の皆さんと綿密に連携をとりながら、いろんなケースを想定して飲食事業を守ろうとやってきました。吉村知事、松井市長が感染拡大防止と経済再生の両立をしながら、緊急事態宣言解除後に6月から『大阪の人・関西の人いらっしゃい!キャンペーン』を始められました。そして『Go Toトラベルキャンペーン』が7月から始まりました。次はいよいよ食の番で『Go To Eat大阪』と大阪府の『少人数利用飲食店応援キャンペーン』。これら2つと連携を取りながら強力に進めていきたい」と語った。

 このキャンペーンでは「Go To Eat大阪」と大阪府の「少人数利用飲食店応援キャンペーン」の両方使えることから、「非常に手厚いものになるだろう」と溝畑理事長。さらにミナミでは「少人数利用飲食店応援キャンペーン」で2000円分のキャッシュパックがついてくる。「健康に明るく、楽しく食事に行こうという風を起こしたい。食事に行くことが感染源につながるということではなく、ルールを守りながら、しっかりと自制心を持って、食を盛り上げていこうという思いがある。NMB48の皆さんに大阪観光スペシャルサポーターに就任していただいて、これからプロモーションを積極的に展開していきたい。ターゲットは若い世代。彼らが健康で明るく食を楽しむイメージを、日本国中に風を吹かせたい。そのためにも彼女たちの口から食のPRをしていただけるのはありがたい」とNMB48への活躍に期待を寄せた。

 「Go To Eat大阪キャンペーン」を利用して、どんなものを食べたいかと尋ねられた3人。小嶋は「“大阪と言えば”の食べ物もありますが、これを機にそれ以外のもの味わってみたい。私は埼玉出身で、大阪に来てすぐの時は名物を食べに行っていましたが、それが当たり前になってなかなか行かなくなったので、また行きたいです」と回答。吉田は「私は焼肉が大好きで、週5回でも行きたいくらい。最近は我慢しているので、これを機にいいお店に行けたら」と笑顔を見せた。白間も「たこ焼きとか串カツも食べたいけど、大阪はスイーツが盛り上がっていて、たくさんあるので、スイーツをいっぱい食べたいな」と話した。

 溝畑理事長は「ミナミは大阪の経済を支えてきてくれましたし、去年は約1232万人がインバウンドで来られましたが、その中で約8割がミナミを訪れて、飲食を楽しんでいただきました。東京をはじめ国内の方もミナミでの食事を楽しみにされているので、これを機に元気になったミナミ、そして彼女たちが言うように新しい魅力を発信できたら」と力強く語った。続けて「東京は新しいイメージ戦略をしていて、5年、10年は様変わりした街がたくさんあります。新大久保は若い女性が中心で、新宿もオリンピックで変わってきている。ミナミもこれを機に食を軸にピンチをチャンスに、2025年の大阪万博の時にはさらにバージョンアップした、魅力あるミナミ、大阪を示していく。この時期はそこへ向けての準備期間。特に若い世代の方々の感性、トレンド、女性の動向が消費を決めていくので、ぜひそういうところは彼女たちに期待している」とキャンペーン活用促進向けて意気込んだ。

 質疑応答では「キャンペーン利用の呼びかけを」とNMB48の3人にリクエスト。小嶋は「行ったことのない場所、知らないけど魅力ある場所など、私も知らない部分がたくさんあるので、若い方たちと一緒にこの機会に大阪の歴史なども学べたらいいなと思います!」と呼び掛けた。吉田は「ご飯はすごく元気が出るし、コロナの自粛期間も食に助けられた部分が大きかったので、飲食店をされている方への力に少しでもなれるように呼びかけていきたいですし、私もプライベートで感染対策をしっかりしながら、食をもっと楽しみたいと思いました」とにっこり。「大阪の食は奥が深くて、とてもおいしい。お店の方々も人情があって温かい方がたくさんいます。そんな大阪の良さがたくさん伝わると思うので、ぜひ来てほしいです」と促した。

 「大阪観光スペシャルサポーターにNM48を起用した理由と期待されることは?」との質問に、溝畑理事長は「これから日本の国内観光、インバウンドで必要なのは、彼女たちのような若い感性。今、観光、飲食を含めてマーケティング・リサーチに若い人材の感性が入ってもいいのかなと思っていて、個人消費の7割は女性が決めるとあります。私の中で若い女性がカギをにぎっていて、今後、国際観光文化都市になるためにも必要だと思っています。彼女たちのように大阪のことをこよなく愛し、大阪から世界に発信しようという思いと、我々が目指すキャンペーンや大阪の未来を考えた時に、お互いに切磋琢磨できる関係だと思うので、彼女たちには熱い期待をしています。彼女たちは大阪に住んでいるので、外から視線と中からの視線など、いろいろな角度から我々に刺激を与えてほしい」と期待を込めた。

 最後に、小嶋は「NMB48は大阪で活動してきましたので、大阪のよさをもっとたくさんの人に伝えていきたいですし、埼玉出身ではありますが、第二の故郷だと思っているので、一生懸命、全力で大阪の魅力を伝えていきたい」と決意。吉田は「私たちNMB48は今年10周年を迎える大きな節目でもあるので、この10周年の勢いをつけていくためメンバー全員、頑張ってきました。それと共に大阪を一緒に盛り上げられるよう全力を尽くしていきたいなと思っています。頑張ります!」と前を見据えた。白間は「大阪の観光や飲食店を元気づけられるよう、NMB48も大阪の良さをたくさんアピールしていって、たくさんの方にしってもらえるよう頑張ります!」と意欲を燃やした。

 写真撮影ではくいだおれ太郎も飛び入り参加。「食の都 大阪 どうぞよろしゅう」というセリフとともに記念撮影した。10月には「大阪観光スペシャルサポーター」の最初の活動として、NMB48が「大阪周遊パス」のポスターなどのキャラクターとなり、地下鉄の駅などに掲出される。その後、SNSや動画配信などで広く周知していく予定という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事