『I-LAND』発7人組「ENHYPEN」年内デビュー 公式SNS開設&日本語で自己紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の大手芸能事務所Big Hit Entertainmentと、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』(アイランド)最終回が18日、日韓同時生放送され、グローバル視聴者投票とプロデューサーの選択で選ばれた7人が、「ENHYPEN」(エンハイプン)として年内にデビューすることが決定した。

【写真】「ENHYPEN」のメンバーに選ばれた7人 決定の瞬間など名場面も

 最終候補者9人のうち、117ヶ国のグローバル視聴者の投票(事前投票と生放送中の合算)により、1位ヤン・ジョンウォン、2位ジェイ、3位ジェイク、4位ニキ、5位イ・ヒスン、6位パク・ソンフンの6人がデビューメンバー確定。残る1人はプロデューサー陣の協議によって、キム・ソヌが選ばれた。日本人では唯一、14歳のニキがデビューを勝ち取った。

 グループ名の「ENHYPEN」は、連結記号“ハイフン”のように、異なる7人の少年たちが“つながって”、お互いを見つけて一緒に成長するという意味。音楽を通じて人と人、世界と世界を“つなげる”という意思も込められている。

 ENHYPENは19日午前11時、公式SNSを開設。メンバーは「たくさんの方が愛してくださったおかげで“ENHYPEN”というチームでデビューすることができました。応援してくださったたくさんの方の気持ちに応えて、喜んでいただけるグループになりたい」と感謝の気持ちを伝えた。日本公式ツイッターでも初めてのあいさつ動画を公開し、日本語で自己紹介している。

 YouTubeなどグローバルプラットフォームで生中継された『I-LAND』11話までの累計視聴者数は約3400万人。最終回(12話)放送後、デジタルクリップ再生回数は累計1億8600万回を超え、「I-LAND The Finale」(I-LAND最終回)がツイッターのワールドリアルタイムトレンド1位に。グローバル公式ファンコミュニティ「Weverse」のI-LANDコミュニティ入会者は、公式デビュー前にも関わらず280万人を突破するなど、新人としては異例の反響を呼んでいる。

■『I-LAND』最終順位&メンバープロフィール
1位:ヤン・ジョンウォン:韓国/2004年2月9日生/16歳/141万7620票
2位:ジェイ:韓国・アメリカ/2002年4月20日生/18歳/119万2889票
3位:ジェイク:韓国・オーストラリア/2002年11月15日生/17歳/117万9633票
4位:ニキ:日本/2005年12月9日生/14歳/114万728票
5位:イ・ヒスン:韓国/2001年10月15日生/18歳/113万7323票
6位:パク・ソンフン:韓国/2002年12月8日生/17歳/108万8413票
7位:キム・ソヌ:韓国/2003年6月24日生/17歳/93万5771票
※直近のランキング順 左から名前、出身、生年月日、年齢、得票数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事