三吉彩花が“インスタ術”を告白「色味を少し落として上げる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の三吉彩花と阿部純子が18日、都内で行われた映画『Daughters』初日オンライン舞台あいさつに登壇した。

【写真】chelmicoも登場した舞台あいさつ

 本作は、東京・中目黒を舞台に、ルームシェアを送る2人の女性を主人公に、妊娠そしてシングルマザーとして出産するという人生の決断を通して、現代の女性の揺れ動く心情にフォーカスしたヒューマンドラマが描かれる。妊娠した友人を見守るイベントデザイナーの堤小春を三吉、ひとりの女性から母になる決断をする清川彩乃を阿部が演じる。

 イベント内で、映画を見た観客から「ファッションがとてもかわいくて映画のインスタも楽しみでした」と感想が寄せられ、インスタグラムに写真をアップするときに意識していることが話題に。

 三吉は「私は色味を少し落として上げるようにしています。今日の衣装みたいに柄がパキっとしてて印象的なんですけど、こういうのも色彩を少し落としてアップしがちです。とくに理由はありません(笑)」と自身のインスタ術を告白。一方の阿部は「私は自分の好きな本や料理とか、好きなことを好きなときにアップしているので、すてきな方法があったら教えていただきたいくらいです」と照れ顔で答えていた。

 本作に対して三吉は「この映画は私の中でもすごく心に残っている作品で、やっとこの日を迎えられて皆さんにお届けすることが出来るというのは、すごく温かい気持ちになります」と感謝。阿部は「難しい状況ではありますが、こうして皆さんが集まってくださったというのを見ると、すごくうれしくて感無量です」と少し目をうるませながら喜びを伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事