JO1鶴房汐恩&豆原一成、コント初挑戦で“ビリビリ”の餌食「汗止まらない!」「無理です!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1の鶴房汐恩と豆原一成が、25日にフジテレビで放送される“新感覚お笑いプロジェクト”『ウケメン』(深0:25※関東ローカル)に出演。コント初挑戦という鶴房と豆原が「3字の青春白書」のコーナーで“低周波ビリビリ”攻撃を受けまくり、「無理です! 痛すぎです!」と弱音を吐く場面も。また体を張った挑戦で意外な素顔も明らかになる。

【画像】カッコよく制服を着こなすJO1の豆原一成と鶴房汐恩

 同番組は若手バラエティー制作チームが深夜に送る“新感覚お笑いプロジェクト”。3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、マカロン、リンダカラーといった若手芸人たちが新ネタ・コント・新企画に挑戦する『日本で一番フレッシュなお笑い番組』となっている。

 人気コント「3字の青春白書」では、アメリカの超人気ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』ばりのハイスクールで、お題となるキーワードを3文字のヒントで伝えるというもの。1分以内で答えられないと、低周波のビリビリの“お仕置き”が与えられてしまう。

 収録が始まると、国民的スターの登場に、3時のヒロインの3人は興奮が止まらない。かなでは、ふたりのダンスを見て失神する展開に。やきもちを焼くトキヨアキイのササには痛いハプニングが。鶴房と豆原は、ウケメンメンバーのやり取りに、笑いをこらえきれなくなる場面も。

 “3字”のゲームがスタートすると、3時のヒロイン・福田麻貴が「豆原くんとやらせてもらうわ」とノリノリ。お題を見た豆原は、3文字で福田に伝えようと必死になるも「え~」「えっと」「うーん」と、全く3文字で表現ができないという事態に。ビリビリ攻撃を受けて「痛い痛い痛い痛い」「うぁわああああ」ともん絶する。ゲーム終了時、豆原は「いやぁ、ヤバかったです。難しいです!」とキュートな笑顔を浮かべるも、メンバーからは「かっこいいのに頭がちょっと…」といじられてしまう。

 ここで『ウケメン』メンバーから、次のゲームで解答できなかったら「新曲の告知は難しい」と言われてしまう。鶴房と豆原がコンビとなり、お題を見た鶴房が3字のヒントを出す側になり、なかなか良い3文字が出るも、豆原は答えることができず時間切れに。「ああああああ」「いたたたたたたた!!!!」と2人で倒れてしまう。福田から「豆原くんなら、どういうヒントを出す?」と聞かれると、豆原は、なんと“5文字”で答えてしまう。メンバーからは「豆原くんのキャッチフレーズは“国民の初恋”なのに…」とさらにいじられてしまう。

 新曲の告知ができないと分かった瞬間、鶴房が「もう1回やらせてください!」と懇願。“永遠の反抗期”というキャッチフレーズでおなじみの鶴房だが、メンバーたちは「めちゃくちゃ素直! 永遠の優等生じゃん!」と大盛り上がりする。

 3度目の正直なるか? 新曲の告知はできるのか? トム・ブラウンの布川ひろき扮する最強の助っ人“先生”が登場し、教室はまさにカオス状態に。さらに、今回は「スーパーマイバスケット」(レジに並ぶ客が、店員の前でボケまくる)の店員役でインパルスの堤下敦が初登場。メンバーのしつこいボケに、コントの“レジェンド”がどんな神対応をするのか。

■鶴房汐恩&豆原一成コメント

――収録を終えて率直な感想は?

鶴房「いつもならリーダー(與那城奨)や蓮(川尻蓮)くんなど、“お兄ちゃん”がいて僕たちがいる、という感じなんです。でも、今回はコントが初めてで、さらに(豆原と)最年少のふたりでやるというお仕事も初めてだったので、大丈夫かな?という不安がありました。でも、皆さんに助けていただいて良かったです。ありがとうございます!」

豆原「本当に。いつもはリーダーに任せきりなのですが、今回は(鶴房と)ふたりだけで、実はすごく緊張しました。あんなに(ヒントを出すゲームが)わからないものか、難しいものか…と(笑)。でも楽しかったです」

――低周波ビリビリを体験して

鶴房「最初テストでは、あまり痛くなくて、オーバーリアクションしなくちゃ、なんて思っていたのですが、本番は…無理です! 痛すぎです!  今も汗をめっちゃかいているんですよ」

豆原「テストで電流が流れた時は“これくらいいけるかも!”と思ったんです。でも、だんだん強くなっていったのですかね? 最後の方は…これは無理です! きつかったです!(笑)」

――『ウケメン』メンバーの印象は?

豆原「3時のヒロインの福田さんが収録前に気軽に話しかけてくださってうれしかったです。緊張していたので、ほぐれました」

鶴房「インパクトの強いかなでさんですね。収録現場でなぜか結構目が合いました(笑)。あと、ゲストのトム・ブラウン布川さんの“奇行”が素晴らしすぎて、僕もいろいろ学びました」

――コントは今後もやっていきたい?

鶴房「何でもやっていきたいです。体張りたいです!」

豆原「JO1の中では、僕たちが結構体を張れるタイプだと思います(笑)。体張ろうと思えば、全然いけます!」

――今後、コント番組にメンバーを巻き込むとしたら誰を?

鶴房「木全(木全翔也)くんですね。結構長く一緒にいるので、いじりやすいんです」

豆原「景瑚(佐藤景瑚)くんです。素で面白いので、こういうバラエティー番組とか楽しくやってくれるのではと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事