シリーズ第3部『範馬刃牙』制作決定、“史上最強の親子喧嘩”描く 特報映像解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アニメ『バキ』シリーズの第3部『範馬刃牙』が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして制作されることが決定した。大擂台賽編の続編で、特報映像も解禁された。

【特報映像】史上最強の親子喧嘩が開幕!刃牙「本気でいかせてもらう」

 大擂台賽編の第12話では範馬刃牙が、“地上最強の生物”の名を持つ父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつける。対する勇次郎も刃牙の成長を認め、自らの対戦相手として相応しいとこれを受諾し、物語はついに因縁の二人が全身全霊で激突する展開へと突入することになった。原作で“史上最強の親子喧嘩”を描き切った「刃牙」シリーズのクライマックス『範馬刃牙』が待望のアニメ化となる。

 特報映像には原作漫画の数々の名シーンが映し出されると共に、アニメ『範馬刃牙』の1シーンから、刃牙が本気の姿を露わにする新作映像がお披露目。刃牙の「本気でいかせてもらう」のセリフを聴くことができる。配信時期などは追って発表される。

 『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の『刃牙』シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と“地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎との壮絶な死闘を軸に、さまざまな格闘士たちの闘いを描いた人気格闘漫画。

■キャスト
範馬刃牙:島崎信長
範馬勇次郎:大塚明夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事