東野幸治、念願の『ANN』に喜び 縁ある放送作家に感謝とイジり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニッポン放送では、21日から26日にわたって『オールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)と『ANN0(ZERO)』(深3:00)すべての番組を、お笑い芸人が担当する『オールナイトニッポンお笑いラジオスターウィーク』を開催。2年ぶりとなる「お笑いウィーク」のトップバッターとして、東野幸治が登場し、冒頭からフルスロットルでトークを展開した。

【場面カット】『MIU404』で素性の知れない男を演じた菅田将暉

 東野といえば、今年の2月末頃よりYouTubeで『東野幸治の幻ラジオ』を定期的にアップしているが、『星野源ANN』(毎週火曜 深1:00)担当している放送作家の寺坂直毅氏が、今田耕司と東野がかつてパーソナリティーを務めていた文化放送『Come on FUNKY Lips!』のヘビーリスナーで、2人を尊敬するあまり「イマヒガチルドレン」を自称。そのこともあって、星野がラジオ内で「東野さんも宣伝に来てくれないかな。ぜひ。あと東野さんと寺ちゃん(寺坂氏)の横並びも個人的には見たい。寺ちゃんが夜間高校に行っていた時に聞いていたラジオが、今田さんと東野さんのラジオだったから」と語っていた。

 これを受け、『東野・岡村の旅猿17 プライベートでごめんなさい…』(※関東ローカル 毎週水曜 深1:34~)の取材会で、記者から「星野さんのラジオに出演されますか?」と向けられた東野は「それ言われたら『ぜひ呼んでください』って言わないとおかしいし、絶対に僕オファーきたら断れないじゃないですか(笑)。あなた、やり口が汚いな」とニヤリ。「また機会があったら、いつでも行きます」と快諾しながら、寺坂氏への愛あるイジりを見せていた。

 こうした経緯があることから、この日の番組冒頭で東野は「この寺坂くんが僕の名前を押してくれてやってくれたと思っていますし、オレの命の恩人は君なんですから。あなたのおかげです。あなたがいなかったから、この曲に乗っておしゃべりできなかった」と感謝。番組の打ち合わせ時の様子について「スマートなディレクター、スマートくん(『星野源ANN』でもおなじみの野上大貴氏)。お前、すぐに話取っていたやろう(笑)。なおかつ興奮しているから、メガネ曇ってもうて、赤塚不二夫が描く漫画のキャラクターというか、スマートくんの邪魔をずっとしていたやろう。関係性もわかれへんから、オレもどうしてええかわからへんけど、9割君がしゃべっていたで」と愛あるイジりを見せた。

 東野は続けて「オレはスマートくんにハマりたいねん(笑)。きょうはプレゼンな意味やから。よろしくおねがいします」としながらも「寺坂くん紅白歌合戦の作家もやってんねやろう(笑)。どうだったんですか?」と直球で質問。その後も「東野幸治と藤井隆、東野幸治と星野源、どっちが大事なんですか」と冗談交じりにたたみかけると、メールの紹介文が星野源ラジオの「gen@」になっていたことにも注目し「これ使い回しじゃないですか」と笑わせていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事