妻夫木聡、ミスマッチな仮装で街歩くも写真撮られず嘆き「当たり前のように通り過ぎていく」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の妻夫木聡が23日、オンラインで行われた毎秋恒例の『ハロウィンジャンボ宝くじ』『ハロウィンジャンボミニ』発売記念イベントに出席。ハロウィンでアンバランスな仮装をするも、誰からも写真を求められなかった苦い思い出を告白した。

【動画】今田美桜、猫耳&ツインテールのハロウィン仮装

 この日はハロウィンにちなんで、ドラキュラをイメージしたような仮装で登場した妻夫木。MCからハロウィンで仮装はするのか問われ、「昔、キングコングの西野くんと一緒に仮装して表参道を歩いたことありますね。量販店に行って衣装を買おうと思ったけど、いい衣装が売り切れてた。ルパン3世だけ置いてあったので、その格好をしました。『さすがにこのままだと…』と思って、顔はシュワルツェネッガーさんのお面をかぶりました」とエピソードを披露した。

 MCに「表参道とかを歩いてると『みんなで写真撮ろう』ってなりますよね」と話を振られるも、妻夫木は「みんなすごくスルーしてました。ちょっとさみしい。『俺普通なのかな?』って思うくらい、みんなが当たり前のように通り過ぎていくので、東京の方は割と見慣れてるんでしょうね」と苦笑。「(衣装が)アンバランスだからリアクションをもらえると思ったが、ノーリアクションでした」と少し寂しそうな表情を浮かべていた。

 この日のイベントには妻夫木のほか、今田美桜も参加した。

 今回の『ハロウィンジャンボ宝くじ』は、1等3億円が11本、前後賞1億円が22本、1等・前後賞合わせて5億円。2等500万円が22本、3等100万円が1100本。同日発売の『ハロウィンジャンボミニ』は、1等1000万円が50本、2等5万円が2000本。ともに10月20日まで発売され、運命の抽せん会は、10月27日に東京 宝くじドリーム館で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事