競泳・瀬戸大也、不倫報道を謝罪「自分の行動を猛省」 妻の優佳さん、今後は「よく話し合っていきたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 競泳・リオオリンピック400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手(26)が24日、所属事務所の公式サイトを通じ、一部で報じられた不倫報道について謝罪した。

【写真】肉体美を披露した瀬戸大也選手

 瀬戸選手は直筆のコメントを掲載し、「自分の軽率な行動により大切な家族を傷つけ、応援して下さっている皆様、関係者の方々、支援頂いている企業の皆さまに大変不快な思いとご迷惑をおかけしてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます」と陳謝。「自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております。本当に申し訳ございませんでした」とつづった。

 妻の優佳さん(25)もコメントを発表し「この度は大也の行動により、日頃から応援してくださっている皆様、スポンサーの皆様、関係者の皆様にたいへんなご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした」と謝罪。「今後、どのような形で皆様の信頼を回復していくことができるか、そして私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております。なお、小さい子どももおりますので、子どもの関係先や家族に対する取材は特段のご配慮をいただきますよう、お願い申し上げます」と呼び掛けた。

 所属事務所は「この度の瀬戸大也に関する報道により、関係者の方々、日頃より応援してくださっている皆さまに多大なご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。瀬戸が不貞行為を働いたことは事実である事を確認いたしました」と報道を認めた。「マネジメント事務所としてもこの事態を重く受け止めております。今後の競技活動、メディア・広告出演等についても関係者の方々とご相談の上、慎重に対処してまいります。ご迷惑をおかけしている関係者の方々に重ねてお詫び申し上げます」とした。

 ウェブメディア『デイリー新潮』が23日、瀬戸選手が、妻で元飛込選手の優佳さんとは別の女性と密会していたことを報道。記事内では瀬戸選手の事務所が「取材に受けない」と対応したことが明かされている。

 瀬戸選手は幼少期から有望水泳選手として活躍し、400メートル個人メドレーで、2013年世界水泳選手権金メダル、16年リオ五輪銅メダルを獲得。来年開催の東京五輪でのメダルを目指している。17年5月に優佳さんと結婚し、18年6月に長女、20年3月に次女が誕生している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事