滝沢カレン、念願の『Oggi』専属モデル初仕事 浮かれ気分は封印「次に夢に向かって」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルの滝沢カレンが25日、東京・日本橋三越本店屋上で女性ファッション誌『Oggi』(小学館)と日本橋三越本店がコラボした『Oggi Park』のオープニングレセプションに参加。11月号から同誌の専属モデルを務める滝沢は“初仕事”で顔役を務めた。

【全身ショット】大人スタイルで笑顔を見せた滝沢カレン

 3月に放送された『情熱大陸』(MBS・TBS)で、滝沢は『Oggi』編集部に訪れ、編集長宛に書いた同誌への熱い思いと自らをモデルに売り込んだ手紙を朗読。その健気さが反響を呼び、即『Oggi』に初登場すると、11月号からは専属モデルに決まった。

 滝沢は専属モデルとしての初仕事を祝福されると会心のガッツポーズ。心境を問われ「本当に夢のよう。でも、夢にいるわけでもないですし、現実を噛み締めている」とらしく語った。そして「ずっと『Oggi』の専属モデルになるのが夢だった。夢についてから『やったー』というワケじゃなくて、夢についた途端に次の夢を見つけたような気がする。もちろん、カバーガールに絶対なりたいですし、次の夢に向かって今は歩いています。うれしいとか、ずっと浸っている場合じゃない」と浮かれ気分を封印していた。

 同誌に憧れた理由は「雑誌を開くと吸い込まれるぐらい、自分もこの世界に入りたいと思った。門を叩かない理由はなかった」と熱く説明。いよいよ専属モデルとして次号から登場するが「本当にドキドキする。引っ張って行きたい気持ちもありますけど一緒に大人になろうよ、一緒に大人を楽しもう、というのがある。そっちの方向性で読者さんと頑張りたい」と意気込みを口にしていた。

 オープニングレセプションは、あいにくの雨模様で行われたが、『Oggi』の塩谷薫編集長は「撮影が雨で飛んだことがないことが編集者としての自慢だったのですが、どうやら上司が雨女だったらしく…」と頭をかく。一方の滝沢は「とても雨女だと思います…。晴れた試しがない。ロケに行っても大嵐…」と責任をかぶっていた。

 『Oggi Park』は、「働くかっこいい私」をコンセプトに掲げる『Oggi』が日本橋三越本店とコラボ。屋上の「日本橋庭園」をオシャレな大人の公演にプロデュースする。フードコートが開かれ、働く女性のためのセミナーやヨガ教室を開催する。期間は、きょう25日から11月8日まで。滝沢は「大人の公園は自分でしたいことを発見していく。友だちと会うだけが公園じゃないと思う。1人だったら約束時間に遅れてもいいし、会社でうまくいかなかったら公園で上司の言うことを忘れちゃってもいい。いろんな使い方が大人の公園にはあると思う」と呼びかけていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事