橋本環奈が爽やかな笑顔振りまく青春ショット 映画『小説の神様』テニスシーン解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹と女優の橋本環奈が、高校生小説家役でW主演を務める映画『小説の神様』(10月2日公開)の場面写真が26日、解禁になった。

【写真】拳を向き合わせる佐藤大樹&橋本環奈

 原作は、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を獲得した相沢沙呼氏による小説。佐藤はナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也、橋本はクラスの人気者でヒット作を連発するドSの小説家・小余綾詩凪を演じる。真逆な2人が、反発しながらも物語を一緒に作る青春ストーリーが描かれる。

 解禁されたのは、一也と詩凪が力を合わせてテニスのダブルスの試合を行うシーン。小説の取材のためにテニス部を訪れた2人は、部員と対決することになり、真逆な2人が真剣に勝負に挑む印象的な場面となっている。佐藤はダイビングショットを決めたり、橋本は爽やかな笑顔を披露。さらに、試合終わりにはお互いの拳を突き合わせポーズを決める青春ショットも公開された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事