松雪泰子、主演映画公開に感慨「多くの方に届くといいな」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の松雪泰子、俳優の清水尋也、お笑いコンビ・シソンヌのじろう、大九明子監督が26日、都内で行われた映画『甘いお酒でうがい』公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】公開記念舞台あいさつには清水尋也らも登壇

 同映画は、これまでシソンヌのコント上に存在した架空の中年OL・川島佳子が日記を書いたなら、という着想から描かれた小説が原作。メガホンを取るのは『美人が婚活してみたら』を担った大九監督。脚本はじろうが担当している。

 4月10日の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響を受け延期。約5ヶ月越しに封切りを迎え、松雪は「この日を心待ちにしていました」と安堵の表情を浮かべながら「人とのつながりを描き、今のタイミングで見てもらえると心が軽やかになる作品です。多くの方に届くといいな」と笑顔で呼びかけた。

 松雪と初共演を果たした清水は「僕がこの仕事をする前からテレビで見ていた女優さん。一緒にお仕事ができて光栄ですし、この経験を生かして成長していきたい」と羨望の眼差しを向けていた。

 また、映画化にいたった経緯について大九監督は「最初は『この原作でいきたい!』と私の方から強く希望し(じろうと)好きなエピソードを話し合い、静かな原作の日記の味わいを生かした映画を作りたいと話し合いを重ねました」と回顧。じろうも「僕が本で書きたかった温度感が続いていて、すごく楽しめました」と太鼓判を押した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事