松田聖子『MUSIC FAIR』過去映像特集に大照れ「恥ずかしくてたまらない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デビュー40周年を迎えた松田聖子が、10月3日放送のフジテレビ系音楽番組『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に、昨年2月以来1年8ヶ月ぶりに出演することが明らかになった。

【動画】松田聖子作詞、財津和夫作曲「風に向かう一輪の花」ティザー映像

 秋らしい黒のトップス、ふわりとしたスカートの衣装に身を包み、スタジオ収録に臨んだ松田は、1981年に初登場してから36回目の出演。MCの仲間由紀恵、軽部真一アナウンサーとともに過去の出演映像を振り返りながら、思い出話に花を咲かせる。

 トーク前半では、海援隊と共演したザ・ビートルズの楽曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」(1981年5月26日OA)や日野皓正とコラボした「ニューヨーク・ニューヨーク」(84年9月23日OA)など、名コラボ・名カバー楽曲を中心に振り返る。また、さまざまな秘話を交えつつ、40周年の節目を迎えた松田が新たに挑戦していることを明かす。

 後半では、「夏の扉」「野ばらのエチュード」「旅立ちはフリージア」「瞳はダイアモンド」「チェリーブラッサム」などヒット曲全9曲の貴重な映像を放送する。軽部アナはファンだったという若い頃を思い出し、興奮を隠せない様子。本人は当時の映像を見て「緊張するし、恥ずかしくてたまらない」と照れていた。

 スタジオで歌唱したのは、デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』(9月30日発売)に収録される新曲「風に向かう一輪の花」。松田が作詞、財津和夫が作曲を手がけ、37年ぶりのタッグで話題を呼んでいる同曲を、純白のセットのなか、おとぎ話から飛び出したようなキラキラの衣装で歌い上げる。

■浜崎綾プロデューサー/チーフディレクターコメント
いつお会いしても“真っ白なピュアネス”を感じる聖子さん。
私のような若輩者にも丁寧に接してくださり、あぁきっとこの方は1つ1つの楽曲、歌にもこのように丁寧に取り組まれてこられたのだなぁと感じます。
40年にわたる音楽生活は、心地良いそよ風が吹いた時もあれば、時に吹き飛ばされそうな強い風が吹いたこともあったと想像します。しかし如何(いか)なる時もご自身の信念を貫き音楽シーンに立ち続けた聖子さんこそ“風に向かう一輪の花”だったのだと感じずにはいられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事