サンプラザ中野くん、36年目の念願 中野サンプラザで初ライブ開催 観客約600人魅了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手のサンプラザ中野くん、パッパラー河合が26日、東京・中野サンプラザでワンマンライブ『祝・初公演だぜ!爆夢の中野サンプラザワンマンライブ! 「感謝還暦」サンプラザ中野くん&パッパラー河合 supported by オカモトラバーズ研究所』を開催した。サンプラザ中野くんは、このアーティスト名ながら初めて“中野”サンプラザでワンマンライブを開催し、約600人の観客を魅了した。

【ライブ写真】デーモン閣下もサプライズ登場!熱唱するサンプラザ中野くん

 今年還暦を迎えたサンプラザ中野くんとパッパラー河合。場内では、ソーシャルディスタンスを保つため、また還暦60歳にかけ、来場した約600人の観客とともに自身たちの還暦を祝福。デビューした際、当時のプロデューサーから「中野サンプラザでのワンマンライブはいざという時までとっとけ」と言われてから36年、ついにその時が来た。

 ライブのオープニングは“サンプラザ中野くんなりすましアーティスト”として本人にも公認されたパッパラー河合のモノマネからスタートし会場をざわつかせた。ライブ序盤では歓声を抑えなければいけない来場者を気づかい「夕焼け物語」や「それから」など、聞かせる楽曲を披露した。

 さらに2人が今まで聞いてきた曲にも感謝をしたいと「感謝還暦音楽メドレー」を披露。サンプラザ中野くんが天地真理のコスプレをしたり、チューリップの「心の旅」と松田聖子の「青い珊瑚礁」を織り交ぜて歌ったり、観客を楽しませた。

 終盤パートでは還暦を迎えてリアレンジした「45歳の地図(還暦 Ver.)」や「旅人よ~ The Longest Journey」「Runner」などヒット曲を披露して、本編が終了。そして、歓声が抑えられ拍手でのアンコールに応える形でサンプラザ中野くんとパッパラー河合が再登場した。

 2人で話をしているとどこからか悪魔の声が聞こえ、特別ゲストのデーモン閣下が登場。旧知のトークで盛り上がり「穴があったら出たい」を熱唱。さらにダブルアンコールでは、この日の為に作ったと語る、サンプラザ中野くんと中野サンプラザの半生を歌った曲「中野サンプラザよ」を歌い上げ締めくくった。

 この日、全20曲を歌ったサンプラザ中野くんは終演後「還暦を迎えて本当にいろんな人や音楽に感謝です、これからも歌い続けていきたいです」と節目を迎えながらもこの先を見据えていた。

■セットリスト

Opening
M1:週刊東京『少女A』
M2:うわさに、なりたい
M3:夕焼け物語
-MC-
M4:それから
M5:月光
M6:青春のフレア
-MC-
M7:涙の陸上部
M8:愛がいそいでる
-MC-
M9:感謝還暦音楽メドレー
M10:岡本と友だち(感動∞無限大)
-MC-
M11:Brave Love,TIGA (Guest:岸谷五朗、寺脇康文、バーベQ和佐田)
-MC-
M12:大きな玉ねぎの下で (Guest:バーベQ和佐田)
-MC-
M13:涙2(2020青春Ver.)
M14:45歳の地図(還暦Ver.)
M15:旅人よ ~The Longest Journey
M16:Runner
-Encore-
E1:穴があったら出たい (Guest:デーモン閣下、バーベQ和佐田)
E2:リゾ・ラバ -Resort Lovers- (Guest:バーベQ和佐田)
-Encore 2-
E3:きのうのレジスタンス
E4:中野サンプラザよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事