『半沢直樹』最新刊が初登場1位 半沢が絵画の謎に挑むシリーズの原点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 池井戸潤の人気シリーズの最新刊『半沢直樹 アルルカンと道化師』(講談社)が、週間7.3万部を売り上げ、9/28付「オリコン週間BOOKランキング」(集計期間:9月14日〜20日)で初登場1位にランクインした。

【写真】凛々しい表情を浮かべる半沢直樹役の堺雅人

 本作は「半沢直樹シリーズ」6年ぶりの書き下ろし最新作。シリーズ第1弾「オレたちバブル入行組」の前日譚となる本作は、半沢がある絵画に秘められた謎を解くミステリーとなっている。

 なお、7月に放送開始し、きょう27日に最終回を迎えるドラマ『半沢直樹』(TBS系)は、初回から高視聴率をキープ。「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計されている「ドラマ満足度ランキング」では、9月6日の『生放送!!半沢直樹の恩返し』放送週を除き、8週にわたり満点で1位を獲得するなど、かつてないほどの盛り上がりを見せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事