乃木坂46・齋藤飛鳥&山下美月&梅澤美波、光と鏡の世界で見せる幻想的な美しさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥・山下美月・梅澤美波が、28日発売の『週刊プレイボーイ』41号(集英社)の表紙に登場。巻頭ぶち抜き21ページグラビアでは“光と鏡の世界”で、幻想的な美しさを表現した。

【写真】光と鏡が交差する世界…齋藤飛鳥ら幻想的な個別カット

 3人は公開中の映画『像研には手を出すな!』にドラマ版に続いて出演。齋藤演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを担当する。

 今回のグラビアは異世界を演じた3人が、光と鏡が交差する世界を舞台にそれぞれの魅力を発揮。カラフルなワンピースやスカートをまとった最強の3人が、映画とはガラッと雰囲気を変えた姿は、必見の価値あり。

 同号にはそのほか、大原優乃、橋本梨菜、中崎絵梨奈、田中ももなどが登場。「TOKYO IDOL FESTIVALオンライン2020」から注目の5人も撮り下ろした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事