星野源、SPドラマで復活『逃げ恥』台本「とても面白い」 ガッキー&古田新太&藤井隆との“コンフィ会”に喜び
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 星野源が、29日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)に出演。2016年10月期のTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が、来年お正月に新春スペシャルドラマとして復活することを受けて、コメントを寄せた。

【写真】星野源&新垣結衣、ラブラブ手つなぎショット

 リスナーからのメールをもとに、星野は「まだ撮影は本格的始まってはなくて、もうすぐ始まるという感じですね。砂肝コンフィの会、面白かったよね。藤井隆さんと古田新太さんの感じが…古田さん、あれが素なんです。お酒飲むとああいう感じで、無邪気というか、キャッキャする感じで、それがすごく好きで、それを番組として成り立たせる藤井隆という。本当に藤井さんはすごいなと改めて感じましたね」とサプライズ発表が行われた『ぴったんこカン・カン』での様子を回顧。

 星野は続けて「藤井さんが『オファー受けてない』っていうのがありましたけど、受けてますからね(笑)。それを迫真の演技でやられるので面白いっていう」と声を弾ませながら「台本はいただいて、とても面白いです。ちょっとずつ情報公開とかもあると思いますので、ぜひツイッターなどあると思いますので、チェックしてください」と呼びかけていた。

 『逃げ恥』では原作は海野つなみの同名マンガ。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡と「仕事」として契約結婚。「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識しだす、というラブコメディー。

 連ドラ放送時は回を重ねるごとに右肩上がりの視聴率を記録し、最終回では平均視聴率20.8%を記録(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、エンディングでは星野が歌う主題歌「恋」にあわせ、メインキャストが踊る『恋ダンス』が話題を呼び、期間限定でYouTubeに公開した『恋ダンス』映像は累計1億回再生を記録した。

 今回のスペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくり(新垣結衣)と平匡(星野)がついに本当の“結婚”を決めた連ドラのその後を描く。この日の『星野源ANN』の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事