松本穂香×川島小鳥がコラボ ミニ写真集発売「優しくてかわいい世界がたくさん」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 被写体と写真家がタッグを組んで写真集を完成させる“アートブックコレクション”の新シリーズ『アートブックコレクション・アクトレス』(11月9日発売)の刊行が決定し、その第一弾として女優・松本穂香と写真家・川島小鳥氏のコラボレーションが実現した。

【別カット】キュートなポニーテールでジェラートを食べる松本穂香

 『アートブックコレクション・アクトレス』は、その名の通り被写体を女優に絞ったミニ写真集。撮影場所は、長野県の松本市の温泉街や上田市市街地、高原の広大な自然など。旅するようにリラックスした雰囲気の中で撮影は行われた。

 ゆるくゆったりとしたその空気感は、このふたりでなければ出せなかった貴重なもの。この撮影期間、松本には撮影の感想などをスケッチブックに書いてもらい、そのテキストも直筆でそのまま写真集に掲載。その感想の中で、温泉街でジェラートを食べた時、ふと思った『ジェラートってなに?』という疑問。松本の独特な感性が反映された言葉だという事でそのままタイトルに採用された。

 10月9日からは東京・渋谷PARCO一階にあるギャラリーCOMINGSOONで写真展を実施。数量限定の写真集付きA3サイズアクリルフォト(2人のサイン付き)を予約販売。さらに、ここでしか買えないステッカー、Tシャツ、などのオリジナルグッズ販売する。入場は無料。

 松本は「何の気なしに書いた一文が、まさか写真集のタイトルになるとは思いませんでした。『ジェラートってなに?』川島小鳥さんの、優しくてかわいい世界がたくさんつまっています」。川島小鳥氏は「温泉に入って、町を散策して、花火をして、電車に乗って、ジェラートを食べて、笑う。松本穂香さんとステキな小旅行をしている気持ちになってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事