パックンマックン吉田眞、新型コロナ感染 所属事務所が発表「現在本人は無症状で異常はみられません」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・パックンマックンの吉田眞(47)が新型コロナウイルスに感染したと、所属事務所が21日、公式サイトで発表した。

【写真】巨大な恐竜に噛みつかれるマックン

 所属事務所は「弊社所属 吉田眞(パックンマックン)の新型コロナウイルス感染について」と題した書面をアップ。「10月21日(水)、弊社所属の吉田眞(よしだ まこと47歳)が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしましたことをご報告いたします」と伝え、「21日早朝に、先日15日に食事をした知人から『新型コロナウイルスの陽性反応があった』と連絡を受け、21日午前に東京都内の医療機関を受診。医師の判断によりPCR検査を受けた結果、17:00に新型コロナウイルスに感染しているとの診断を受けました」と感染発覚までの経緯を説明した。

 容体について「現在本人は無症状で異常はみられませんが、今後は保健所と医師の指導のもと、回復に努めます」とし、「保健所によると濃厚接触者は会食をした知人、本人の家族とのことで、指定の保健所にてPCR検査をうけることとなっております」と報告。「弊社は引き続き全所属タレント及びスタッフの健康状態の把握を徹底しながら、医療専門家、行政機関の指導のもと、体調管理を徹底してまいるとともに、新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施してまいります」とコメント。「関係者の皆様、ファンの皆様にはご迷惑、ご心配をおかけいたします。回復に努めてまいりますので、見守ってくださいますと幸いです」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事