Hey! Say! JUMP、SHOWROOMのアプリ『smash.』でMVなど独占配信 スマホ視聴に最適化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SHOWROOMは22日より、スマートフォンでの視聴に特化した、プロクオリティの短尺動画を配信するバーティカルシアターアプリ『smash.』の提供を開始する。第1弾として、人気グループ・Hey! Say! JUMPのオリジナルミュージックビデオ(MV)とオリジナル作品の独占配信をスタートする。

Hey!Say!JUMPのテレビ出演歴

 同グループはこれまでSNSをはじめ、インターネット上でのコンテンツ展開を行っていなかった。『smash.』への参加がオンライン初解禁となり、これを機にオンラインでのコンテンツ・作品展開を加速させる。

 『smash.』は“つまむ”ようにして動画を切り取る「PICK(ピック)」という新機能を実装。作品の好きな瞬間を動画で最大15秒まで、2本の指でつまむように切り取って、アプリ内のマイページに保存、アプリ内で投稿したり、そのまま個人の各SNSでシェアしたりできる機能となっている。今回独占配信する同グループのオリジナルMVなどは、同機能の利用が可能で、ファンはお気に入りの瞬間を自由にSNSに投稿したり、アプリ内でコメントを寄せあったりするなど、新たな視聴体験を味わうことができる。

 そして今回、同グループの『smash.』オリジナルバーティカルMV・Short版動画を、22日より独占配信。スマホ視聴に最適化された縦型のMVとして作成されたもので、これまでの同グループのMVとは違ったメンバーとの近さや表情を、まるで目の前に来ているような感覚で楽しむことができるコンテンツになっている。(※フル尺のMVは12月に配信予定)

 また『smash.』内に「#JUMPinsmash」と銘打ったHey! Say! JUMPチャンネルを創設。そのチャンネル内で、メンバーがさまざまな企画に挑戦するオリジナル作品を独占配信していく。縦型の画面いっぱいに迫る親近感と臨場感たっぷりな新感覚コンテンツとなっている。「#JUMPinsmash」では、毎週1本のペースで新コンテンツをアップする予定だ。

 Hey! Say! JUMPは「縦型をクリエイターの人が専門的に作るってこれまでなかった取組みですよね。僕たちのグループでは人数が多いので、これまでは横での撮影が普通でした。そうなると、どうしても一人ひとりが小さく映ってしまうこともあったのですが、縦だと一人ずつを目一杯見せられる良さがありますね。本当に全身を映し出すことができるんです」と驚いた様子。「スマートフォンでの視聴を想定しているので、僕たちも目線でずっとカメラを追いかけたり、語りかけたり、いつも以上に親近感や距離の近さを感じてもらえるよう意識しました。『smash.』での僕たちの縦型動画を初めて見たときの、皆さんの印象がとても楽しみです」とコメントしている。

 『smash.』の料金は、月額550円(税込み)。第1弾としてHey! Say! JUMPやトップアーティスト、人気声優陣のコンテンツ参加を皮切りに、今後もライブ・音楽映像、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメなど、『smash.』でしか見られない幅広いジャンルのオリジナル短尺コンテンツを配信していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事