KANA-BOON・谷口鮪、休養を発表 体調不良続き「療養が必要」との診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックバンド・KANA-BOONのボーカル&ギター・谷口鮪(30)が、体調不良のため休養することが22日、バンドの公式サイトで発表された。

【ソロショット】休養を発表したKANA-BOONのボーカル&ギター・谷口鮪

 公式サイトでは「この度は谷口鮪(Vo/Gt)に関して、皆様へお知らせがございます」として、「以前より体調不良が続いており、医師の診断により療養が必要と判断致しましたので、当面の間休養させていただくことと致しました」と報告。

 続けて「ファンのみなさま及び関係各者のみなさまにはご迷惑とご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。なお、休養期間中の本人や医療機関へのお問い合わせ等はお控えくださいますよう、何卒ご配慮のほどお願い申し上げます」と呼びかけている。

 メンバーも谷口の休養に関してツイートし、ギターの古賀隼斗は「ご迷惑、ご心配をおかけしてすみません。鮪がお休み中は、元気いっぱいの古賀&こいちゃん『こがこい』で活動していきますのでよろしくどうぞ!」とつづった。

 ドラムの小泉貴裕も「発表された通り鮪は少し休養頂くことになりました。ご心配、ご迷惑をおかけしてすみません。鮪が休んでる間は鮪の分まで2人でKANA-BOONの活動を頑張っていくので応援よろしくお願いします!」としている。

 なお、27日に配信予定のライブ『Dive/Connect @ Zepp Online』に関しては、事前収録のため予定通り配信。女優・岸井ゆきのを迎えての生配信トークは、古賀と小泉の2名で出演する。

 KANA-BOONは谷口鮪(Vo/Gt)、古賀隼斗(Gt)、飯田祐馬(Ba※昨年脱退)、小泉貴裕(Dr)の4人で結成。2013年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビューした。昨年6月には飯田が音信不通の状態となり“失踪騒動”に発展。その後、無事が確認されたが、同年11月には飯田の脱退が発表されていた。以降は谷口、古賀、小泉の3人で活動している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事