永作博美&井浦新、映画で使うベビー用品“自ら”買い出し「一般の方に写真撮られたら…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の永作博美と俳優の井浦新が23日、都内で行われた映画『朝が来る』初日舞台あいさつに登壇。本作を手掛けたのは、カメラがない状態でもロケで使用する家に実際に住むなど、役を積み上げる準備期間“役積み”を大切にする河瀬直美監督。2人はその“役積み”での苦労をしみじみ語った。

【集合ショット】浅田美代子、河瀨直美監督らも登壇

 子どもを持つことを諦めた栗原清和(井浦)と佐都子(永作)夫婦。「特別養子縁組」という制度を知り、男の子を迎え入れ、朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。しかし、朝斗の生みの親・片倉ひかりを名乗る女性から「子どもを返してほしいんです。それがだめならお金をください」という電話がかかってくる。当時、14歳のひかりと一度会った2人だが、訪ねてきた若い女には、あの日のひかりのおもかげはなかった。いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか。

 永作は“役積み”での苦労を問われ、河瀬監督から劇中で使用するためのベビー用品を自分たちでそろえてほしいと言われたエピソードを披露。「大体そういったものは、美術さんがそろえて当日現場に持ってきてくれる。でも、今回はおくるみ、肌着、おむつ、ミルク、バッグも全部、自分たちで時間をかけて用意して、東京から(撮影地の広島まで)持っていきました」と明かした。

 劇中で永作と夫婦役を演じた井浦は「2人であるモールに買いに行って…」と回顧。カメラも回っておらず、河瀬監督もいなかったため、永作は「ちょっと一般の方に写真撮られたらドキドキするなって感じでした」と苦笑いで振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事