西野七瀬“人生初”ショートカットでスマイル 主演ドラマ『電影少女』撮影に密着
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬(23)が、5日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)に登場。人生で初めてショートカットで挑む主演ドラマ『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(1月スタート、毎週土曜 深0:20)で演じる「ビデオガール・天野アイ」の姿で、キュートな笑顔を見せた。

【画像】アイの衣装をまとった西野七瀬&原作のアイ

 同ドラマは、1989年から92年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された桂正和氏の代表作『電影少女』が原作。ドラマでは原作から25年後の現代が舞台で、高校生の弄内翔(野村周平)とテレビから飛び出してきたビデオガール・アイの3ヶ月におよぶ奇妙な共同生活を描く。

 本誌では、原作のキャラクターイメージに合わせて髪を20センチもバッサリ切った西野の撮影現場に密着し、バッティングセンターでのロケは独占で取材。同作の五箇公貴プロデューサー(テレビ東京)のコメントも紹介する。

 同号にはそのほか、HKT48の朝長美桜(19)、女優の石橋杏奈、タレントの美馬怜子などが登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事