SixTONES田中樹&森本慎太郎、初アルバムへの思い語る 解禁前にはラジオで“伏線”も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・SixTONESの田中樹、森本慎太郎が、21日放送の『SixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル』(毎週土曜 深11:30)に出演。きのう20日に、来年1月6日に初アルバム『1ST』(ファースト)をリリースすることが発表されたが、先週の同番組エンディングでの“伏線”とアルバム発売への思いを語った。

■SixTONESのテレビ出演歴

 直前には、紅白歌合戦出場についての発表も行われたことから、田中が「初めてアルバム出すよー。もうSixTONES止まりません。マグロです」とうれしそうに報告。「アルバムなんですけども、けっこう時間かけたね。曲数の多さもあるけど、シングルと量が違うのもあるけど、より音楽性を示しやすいのもあるし。いろんなきっかけでSixTONESを知ってくれた人がたどり着くための名刺代わりになれば…。まだそこは細かくは話せないけど、とてつもないです」とアピール。

 アルバムタイトルについて、田中は「アバウトでありつつ的確。ジャンルを問わず、上質な音楽。オレたちが作れるいいと言われるものだけを詰め込んだ最上級」と力説。森本も「イヤフォンでもでっかいスピーカーでも聞いてほしいですね。耳でも頭でも体でも、いろんな楽しみ方をしてほしい」と呼びかけた。また、マグロの例えから、田中が「オレは田中トゥナ」と話すと、森本が「オレは森本慎太郎ツナ」とほほえましいやり取りをする一幕もあった。

 先週放送のエンディングで突如「ST」との曲をオンエアし、何の説明もなく終了を迎えたことも話題となったが、田中が「先週のエンディングの戸惑っていたものがあるじゃないですか。何の予告もなしに、アルバムの1曲目がオンエアされまして、それでそのまま終わるっていう。あれはビックリしたよね」と種明かし。森本も「オレは風呂に入って聞いていたわけよ。楽しそうだなって聞いていて、エンディングですってなったら『ST』って言って、これやばって思って。(情報解禁前に)言っちゃったって思ったら、曲のイントロ流れてきて、大丈夫かなって思ったら、そういうやつだったんだね」とホッとした様子だった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事