落馬事故で療養中のMISIA、ラジオにリモート生出演「心は折れていません!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手のMISIAが、23日放送のニッポン放送『MISIAのオールナイトニッポンGOLD』(後10:00)にリモート出演。15日にTBSの報道番組『news23』のインタビューで乗馬シーンの収録中に落馬し、翌16日「胸椎棘突起部の骨折」により全治6週間の診断を受けていたが、生放送でリスナーに元気な声を届けた。

【写真】今月始めには…クリスマスツリー点灯式に登場したMISIA

 自宅療養中のMISIAに代わり、2016年に放送された『オールナイトニッポンGOLD』や数多くのイベントで共演するなど親交の深い清水ミチコと、MISIAが参加した『Marunouchi Bright Christmas 2020 LOVE & WISHES~』のクリスマスツリー点灯式のMCを担当した坂本梨紗アナウンサーが番組を進行した。

 番組の後半で自宅からリモート出演したMISIAは「こんばんは! 今夜はピンチヒッターありがとうございます」と第一声を届け、今回の事故について「アルバムをリリースして、スペシャルオリンピックスのことを知ってもらうイベントを開催するタイミングで、落馬してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と語り、自身の現在の体調については、 「コルセットをして、この1~2週間が大事ということで、安静にしています。1週間経って、痛みはだいぶ楽になってきました」と報告した。

 番組にはMISIAの体調を気遣うメールが多数寄せられ、MISIAは「毎年クリスマスは歌を届けていたので、クリスマスのライブには間に合うように、一生懸命、早く治したいと思っています。骨は折れても心は折れていません!」と力強く宣言していた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事