佐野岳、“除霊スプレー”飛び交う現場「不思議な環境だった」 「鮫島事件」原案ホラーの撮影秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の武田玲奈と俳優の佐野岳が21日、イオンモールむさし村山の臨時駐車場にて開催された映画『真・鮫島事件』(11月27日公開)の『暗闇の完成披露舞台挨拶 ドライブインシアター上映会』に出席。ホラー映画ならではな撮影現場での“珍体験”を明かした。

【動画】おっと、誰か来たようだ…『真・鮫島事件』本予告

 同作は、平成ネット史最大の闇と言われる「鮫島事件」を原案に、「事件の内容を知ると消されるが、真相はわからない」という形のない噂話の恐怖が“リモート部活会”という、昨今一般化したオンラインをベースに伝播し、家と外で同時に巻き起こるパニック・オリジナルホラー。

 会場に集まった約50台の観客の車のヘッドライトに照らされて主演の武田、共演の佐野、そして永江二朗監督が登場。佐野は、武田とは特殊な撮影だったことを語り、「画面越しの共演だったけれど、あれ? 透けてる? 武田さんがお化けなのかな? と思うほどの透明感だった!」と武田との共演を振り返り、会場の笑いを誘った。また、永江監督は「人と触れ合わないリモートが主流へ変化してきた中、(キャストは)お互いが会って話さない状態での撮影で、今年しか作れないコロナとの戦いの中での作品になった」と本作への思いを語った。

 映画にちなみ、自身の一番の恐怖体験を聞かれると佐野は「中学のとき一回だけ金縛りにあった!」と明かし、その時の様子も語ると、登壇者たちからは、「本当に!?」と悲鳴交じりの驚愕の声があがった。続いて武田は「猫が何もいないのに何かを追いかけている動画が友人から送られてきたんだけど、動物って見えてるのかな…?」と不思議がり、霊感が一切ないという2人だったがそれぞれ自身の恐怖体験を語った。

 また、この後に本作を鑑賞する会場に集まった観客に向けコメントを求められると、佐野は「初のホラー参加だったが、現場ではウィルスだけでなく除霊スプレーが飛び交うような不思議な環境だったが、完成した作品は翌日筋肉痛になるほど体をこわばらせながら見るほど怖かった」とコメント、武田も「私も後半指の隙間から見るほど怖かった!」と語り、令和最恐ホラーへの期待を煽りイベントを締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事