葵わかな×竹財輝之助『年の差婚』追加キャスト決定 松本若菜、吉野北人ら出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の葵わかなと俳優の竹財輝之助がW主演するTBS・MBSドラマイズム『年の差婚』(12月15日よりスタート)の追加キャストが発表され、松本若菜、小野寺晃良、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、河井青葉、小日向星一、徳井優、吹越満らが出演することがわかった。葵と竹財が演じる20歳差で結婚した夫婦による“おじキュン”דピュアラブ”ストーリーを彩る登場人物を演じる。このほど、ポスタービジュアルも完成。“20歳の年の差”を視覚的に表現し、ピュアでラブラブな2人の関係性を切り取った一枚に仕上がっている。

【写真】“年の差”モチーフにしたポスタービジュアル

 今作は中間淳生氏による人気漫画『年の差婚』(めちゃコミックオリジナル)を実写化。恋愛経験ほぼゼロの超ピュア女子・村上舞衣子(葵)が、父親のススメでお見合いをした20歳年上の44歳バツイチ中年男子・花里晴海(竹財)と超スピード婚をし、20歳の“年の差婚”ならではの問題に直面しながらも、前向きに乗り越えてゆく姿を胸キュン要素満載で描く。

 松本は晴海の元嫁で、商社勤務のキャリアウーマン・西村美雪(にしむら・みゆき)役。舞衣子にはない“大人の色気”溢れる美雪の登場で、まさかの三角関係がぼっ発することに…。そして舞衣子のはとこ・理音(りおん)役には、小野寺が起用。突じょ、イタリアから帰国した理音はある秘密を抱えている、というキャラクター。

 また、ドラマオリジナルキャラクターで、第3・4話にゲストとして登場する舞衣子の大学時代の同級生・ショーン・一ノ瀬(いちのせ)役には吉野が決定。大学以来の再会を果たす、舞衣子とショーン。新進気鋭の空間デザイナーとして活躍するショーンは、晴海を嫉妬させる存在となる。

 舞衣子が働く建築事務所の上司で、舞衣子とは逆で10歳年下の夫と年の差婚をしている・竹田紫(たけだ・ゆかり)役には河井、紫の年下旦那・竹田祥平(たけだ・しょうへい)役には小日向。商社の社長であり、一人娘の舞衣子を溺愛する父・村上源一郎(むらかみ・げんいちろう)役は吹越。源一郎の秘書・崎田(さきた)役には、徳井が決定した。

 MBSでは毎週火曜、深夜0時59分から。TBSでは毎週火曜、深夜1時28分(初回は1時38分~)から放送。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事