アレクサンダー&川崎希夫婦、第2子誕生後初の公の場「大事に大事に育てています」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントのアレクサンダー(37)と川崎希(33)夫婦が25日、都内で行われた『第13回ペアレンティングアワード』に出席。10月23日に川崎が第2子女児を出産してから初の公の場に姿を見せ、川崎は「出産したばかりですが、アレクにサポートしてもらいながら頑張っていきたいです」と2人仲良く笑顔で語った。

【動画】アレクサンダー、「MIYAVI君がロックスターなら、僕は一流のヒモ」妻・川崎希を全力サポート

 妊活の苦労を聞かれたアレクは「自分は常に一流のヒモなので(笑)。のんちゃんの幸せをサポートして、たまに機嫌を悪くしたら全力で土下座します」と2人の関係ならではのポイントを語った。

 アレクについて川崎は「家事も料理も全部できて、私よりできます。彼なりにこなしてくれて助かっています」と感謝。アレクのパパぶりについては「1人目の男の子には親友みたいな感じで。2人目の女の子はプリンセスのように大事に大事に育てています。アレクにひとりで見てもらっても任せられます」と全幅の信頼を寄せた。

 川崎は、2005年からAKB48第1期メンバーとして活動。09年2月に同グループを卒業後は、アパレルブランド「ANTIMINSS」を起業。13年2月にアレクと結婚し、テレビ番組にそろって出演し、3年以上不妊治療に取り組んでいることを告白するなど、おしどり夫婦として人気を集めていた。17年8月に第1子となる“カゲトラくん”が誕生。今年8月に第2子妊娠を報告していた。

 同賞は、2020年に育児業界へ影響を与えた著名人、ヒット商品や出来事などを、人気育児雑誌7誌が選定。「カップル部門」でアレクサンダー&川崎希、「パパ部門」でMIYAVI、「スポーツ部門」で中田翔選手、「ママ部門」で横澤夏子、篠田麻里子、「インフルエンサー部門」でつむぱぱ、「文化人部門」で井桁容子氏、河瀬直美監督、「ファミリー部門」でエハラマサヒロが受賞した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事