赤楚衛二×町田啓太「チェリまほ」第8話放送直前にインスタライブ決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ東京系木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(毎週木曜 深1:00~1:30)の第8話が放送されるきょう26日、その直前の午後7時から、安達役の赤楚衛二、黒沢役の町田啓太、それぞれの公式インスタグラムアカウントで、コラボライブ配信(2回目)が実施される。

【写真】第8話(11月26日放送)場面写真

 原作は、「ガンガン pixiv」で連載中の豊田悠氏による同名コミック。ファンの間では通称「チェリまほ」と呼ばれている。童貞のまま30歳を迎えたことにより、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れた、冴えない30歳のサラリーマン・安達清(赤楚)は、思わぬ声に困惑する中、ふと社内随一のイケメンで仕事もデキる同期・黒沢優一(町田)に触れた時、自分への恋心が聞こえてきて…。

 今回のライブ配信では、これまでの放送の振り返りや、ここでしか聞けない撮影の裏話、後半戦に向けての見どころなどをたっぷり話す予定。

 本作は、日本だけでなく中国・韓国・タイなどアジア各地でも話題を呼んでいる。町田が約1年前に発売した写真集『BASIC』がここにきて増刷が決まるなど、「チェリまほ」現象を起きている。

 今月19日に放送された第7話では、安達への思いに歯止めが利かなくなった黒沢が、ついに告白。「気持ちを伝えたかっただけ」と去っていく黒沢に、気持ちの整理がつかない安達は、何も答えることも引き止めることも出来なかった…。黒沢は、告白前の関係に戻ろうと「好き」の気持ちを終わらせようとするも、恋に落ちた瞬間を思い出し…。黒沢が安達にひかれていった理由が初めて明かされた。一方で安達も、いままでの黒沢との出来事が頭から離れず、ある決心をする。

 ついに交際をスタートさせる安達&黒沢。第8話では、会社内では普通に振る舞う安達が、黒沢と話す度にドギマギが抑えられなくなる。そんな時、黒沢からデートに誘われる。しかし、当拾、突然、柘植(浅香航大)がやってきて…。記念すべき初デートのはずが、湊(ゆうたろう)のことで悩む柘植を放っておけない2人は、みんなで湊のダンス練習を見に行くことに。そこには、なんと六角(草川拓弥)もいて!? 湊の本音、深まる柘植と湊の絆、そして黒沢と過ごす中で、安達は心温まる初めての感覚を知る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事