鈴木保奈美、西岡徳馬と“東ラブ”以来約29年ぶり共演「まさかここから何かが始まる!?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の鈴木保奈美が、28日放送の日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)第8話で、俳優・西岡徳馬と大ヒットした『東京ラブストーリー』(1991)以来、約29年ぶりに共演することがわかった。

【写真】坂口健太郎、自身の少年期演じる込江大牙と笑顔で2ショット

 『東ラブ』では、鈴木演じる主人公・赤名リカとワケありの上司・和賀夏樹を演じていた西岡。この日、撮影現場で再会した2人は、あまりの懐かしさに記念撮影。プライベートでも会っておらず、当時の思い出話に花を咲かせた。

 鈴木は、役作りのため白髪姿で、西岡もダンディな姿と当時と全く異なる風貌に、写真撮影をした際には「テーマは29年後の末路だね」「まさかここから何かが始まる!?」と冗談を交わしながらも盛り上がっていた。

 第7話で明らかになった結人(坂口健太郎)の家族関係。第8話で、結人の父・尚志(西岡)と望美(柴咲コウ)の母・多恵(鈴木)がいったいどんなシーンで共演するのか。姿を消した望美の行方とともに注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事