生見愛瑠、“めるる語”&軽快アクションでデニムをアピール「なんか良きmi」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠が出演するデニムブランド「EDWIN」の新テレビCMが、29日から放送。“めるる語”と軽快なアクションで、デニムの履き心地をハッピーオーラいっぱいに表現する。

【動画】生見愛瑠、“めるる”語連発!「はっぴーす」

 “スゴイラクなデニム”として支持された「エドウイン・ジャージーズ」が、履きやすさと本格的な加工を進化させ、新世代ジャージーズとして一新。CMではめるるが「このデニム歩きたくなる、秒で歩けるる!」「はっぴーす」「軽い!なんか良きmi」「はいてる感覚忘れるる~」「こんなにびょーーーーん」「すごくいー!かっこ良きmi」「楽々chu!」など、次々とめるる語でアピールする。

 CM撮影は早朝から行われたが、明るく元気なめるるのあいさつからスタート。合成する文字に合わせた動きの細かい指示を受けながら、ランニングやジャンプを難なくクリアし、終始ハッピーな雰囲気のままに撮影は進行した。

 CMソングは、シンガーソングライターの向井太一が書き下ろした「Get Loud」。開放感満載のアッパー・サウンドに、自分の殻を打ち破って次のステージに進むという前向きな歌詞で、「Don’t think, feel!」「どこまでも歩いていけるよ」など、ジャージーズの体験を彷彿させるフレーズも登場する。CM撮影には向井もサプライズで登場し、めるるとの2ショットも撮影された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事