草なぎ剛「僕、まだアイドルだよ!」発言に客席沸く クリスマスの予定聞かれ…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の草なぎ剛、内田英治監督、渋谷慶一郎氏が29日、都内で行われた映画『ミッドナイトスワン』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】音楽・渋谷慶一郎氏、内田英治監督も登壇

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部樹咲)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 コロナ禍のなか、大ヒットとなった同作の感想を聞かれた草なぎは「本当にうれしいです。最初に監督から『全然、後ろ盾のない作品なんですよ』って後ろ向きな話をされていたのですが、出来上がったときに『サイコーですよ』って伝えたんです」と明かすと、「ね? 監督、大丈夫だったでしょ?」と笑顔を浮かべた。

 続けて「公開10週目で大ヒット舞台あいさつなんて、芸能生活で初めてかもしれません。いや、あったかな? やっぱり、ないな。初めてです」とおどけながらも、「代表作は『ミッドナイトスワン』になるなんて、最初冗談半分で言っていて、ハッシュタグなんてつけていたけれど、本当に代表作になった感じがします」と胸を張った。

 また、近づくクリスマスの予定について話題が及ぶと、草なぎは「教えないです。プライベートなことなんで」と即答しながらも「3人ともおじさんなんで、何も予定なんてないですよ。昨年のことも覚えていない。何かやったかな? クルミちゃんの散歩かな、多分」と回顧。

 一方でMCが「20代なら、いろいろとありそうですけど、そうですよね。こんな質問をしてすみません」と言ったところで「バカにしないで! 僕、まだアイドルだよ」とツッコミを入れると、客席からは大きな拍手が沸き起こっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事