劇場版『FGO』キャメロット後編、来春公開決定 ティザービジュアルが解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』初の劇場アニメーション『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram』の初日舞台あいさつが5日、都内で行われ、「後編 Paladin; Agateram」のティザービジュアルを公開した。あわせて、「後編 Paladin; Agateram」が2021年春に公開されることが発表された。

【画像】全部ほしい!選ぶのが難しい…特典のクリアポートレート

 ティザービジュアルは、夕暮れの中、傷ついた円卓の騎士たちを見つめる獅子王の背中が描かれている。

 また、来春の公開に向け、全国の公開劇場にて後編Paladin; Agateram第1弾特典付き全国共通前売券の発売がスタート。券面は本日解禁したティザービジュアルを使用し、特典のアクリルポートレートは円卓の騎士らの描き下ろしイラストが1セット2枚同梱されており、絵柄は3種から選ぶことができる。

 同作は、ゲーム『FGO』の人気エピソード・第六特異点を劇場アニメーション化したもの。後編では、獅子王の真意を知り慄くベディヴィエールたちが、 仲間たちとともに、 その目的を阻止すべく、聖都・キャメロットへの進撃を決意する。冷酷非道に成り果てた獅子王の真の狙い、滅びの約束された世界で人類を救済する方法とは… 赦されぬ罪を背負い続けたベディヴィエールの迎える結末が描かれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事