なにわ男子、コント番組初挑戦 サンドウィッチマンから“洗礼”「次はぜひ、メンバー7人で出たいです!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西ジャニーズJr.のなにわ男子が、29日放送のフジテレビ系バラエティー『ただ今、コント中。』(後6:30)でコント番組初挑戦することがわかった。参加するのは西畑大吾、大西流星、藤原丈一郎、大橋和也の4人で、フジテレビの就職面接にやってくる学生という役どころ。関西出身のメンバーは、お笑いやコントが大好きだといい、張り切って現場入り。サンドウィッチマンら手だれ芸人の“洗礼”に応えることができるのかに注目だ。

【番組カット】浜辺美波がコント初挑戦で“ギャル”に変身

 コントでは一緒に面接を受ける西村瑞樹(バイきんぐ)とともに、部屋に入るやいなや「うわー、すげー、フジテレビだ!」と、スマホで自撮りを始める。その自由すぎる態度に面接官の伊達みきお(サンドウィッチマン)と、口笛なるお(わらふぢなるお)は、驚きを隠せない。実際に面接を始めると、彼らの自由すぎる発言・態度がエスカレートする。

 西畑は「自分はテレビを見ない人」と豪語し、SNSだけをチェックしているという学生。大西は、ほかで内定をもらっているが、フジテレビもおさえておきたいという正直すぎる学生。藤原は『半沢直樹』の主人公に憧れすぎているが、ドラマ制作希望ではない学生。大橋は、フジテレビに入りたいという熱い思いよりも“業界人”に憧れすぎている学生。西村は“回り道”をした後に、テレビ局に入りたいという43歳のおっさんという役どころとなっている。

 伊達は一人ひとりに丁寧に質問していくが、珍回答の連発に頭を悩ませる。特に大橋は、ベージュのスーツにピンク色のニットを“肩掛け”&サングラスを頭に乗せるといういでたちの上、「イキフン(雰囲気)」「ギロッポン(六本木)」などのいわゆる“業界用語”を使いまくるため、「腹立つヤツが来た」と苦笑い。大橋は次から次へと業界用語でたたみかける。しかし、伊達は本番だけ“追加質問”し大橋がちょっと赤面する場面も。

 トークコーナーでは芸人たちに囲まれて「楽しかったです!」とさわやかにコメントした4人。大西は「コント番組ってこういう流れで撮影するんだ、という発見もありました」とうれしげで大橋も「僕たちはコンサートでコントをやるのですが、全然違いました」と同意。西畑は「僕らだけでやるとヒヤヒヤして、次どうする?って。でもここでは皆さんに委ねて面白くしていただくという安心感が」と肩の力を抜いて臨めたようで藤原は「次はぜひ、メンバー7人で出たいです!」と異様をみせていた。

<インタビューコメント全文>

――それぞれの役どころのこだわりポイントと感想は

西畑「どちらかというと真面目な役が多くて“チャラい系”の役をやったことがなかったので、やっとこの赤い髪色を生かせたのかな、と(笑)。サンドウィッチマンさんのアドリブがすごくて、最後の方は耐えられずに笑ってしまいました」

大西「気を使わない現代の若者っぽい雰囲気と、ちょっと悪いこと言っているのにそれに気付けていないというかわいらしい一面も意識しました。サンドウィッチマンさんのツッコミが面白くて、こちらも気持ち良くなってしまう新しい感覚でした」

藤原「新大阪から品川まで、ずーっとあの表情を練習していました(笑)。最終的に大吾に確認を取って“それ!”って。しかも小さいころから見ていたサンドウィッチマンさんと共演できてうれしかったです。“倍返し”ではなく“恩返し”したいです!」

大橋「業界用語を言いまくる役でしたが、普段使わないじゃないですか。マネージャーさんに“これはどういう意味や?”って聞いて、ちゃんこ鍋は“ベナチャンコ”だと知りました(笑)。伊達さんが本番前に“もし間違えても俺がフォローするから”って言ってくださって“うわ!かっけー!”って思ったんですけど、実際に本番であのいじりがあって、冷や汗かきました!」

――テレビコント初体験について感想は?

西畑「めっちゃ勉強になったよね」

藤原「東京でやるっていうのもすごいことだよね」

大西「コント番組ってこういう流れで撮影するんだ、という発見もありました」

大橋「僕たちはコンサートでコントをやるのですが、全然違いました」

西畑「僕らだけでやるとヒヤヒヤして、次どうする?って。でもここでは皆さんに委ねて面白くしていただくという安心感が」

藤原「次は是非、メンバー7人で出たいです!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事