TVアニメ『シャーマンキング』ホロホロ役に、うえだゆうじ コロロ役に中島愛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 完全新作で制作されるTVアニメ『SHAMAN KING(シャーマンキング)』(来年4月放送)の追加キャストが6日、発表された。北海道からシャーマンファイトのために上京してきたシャーマン、ホロホロ役に、うえだゆうじ。ホロホロのパートナーであり、氷と大地の精霊・コロポックル、コロロ役には中島愛が決定した。

【動画】20年ぶりに蘇った!「シャーマンキング」第1弾PV

 ホロホロは北海道からシャーマンファイトのために上京してきたシャーマン。常に額にヘアバンドや、タオルを巻いているのが特徴で、どんな時でも明るい熱血タイプ。とある夢を叶えるためにシャーマンキングを目指している。

 2001年版のTVアニメにも同役で出演したうえだは、「再会となるのか、それとも新たな邂逅となるか、未経験の道を踏みしめて進みます。いずれ、カラムシの葉が陽で満たされて、晏に花笑みの時を迎えられるように」とコメントした。

 中島演じるホロホロは、小さな体でフキを傘のように持っているというキャラクター。あらゆるものを一瞬で凍らせる能力を持っており、その氷を自在に操って戦う。パートナーであり、ずっと一緒にいるホロホロのことを大切に思っている。

 「“強さ”って何だろう? 本当に誰かのためを思うってどういうことだろう?と、ユーモアや心地よいユルさを交えながら、時代を超えて伝えてくれる作品だと思います。葉くんの『なんとかなる』の一言にいつも励まされます」と本作の魅力を語った中島は、「まさか自分が参加できるなんて、今もまだ信じられないです。先輩方が繋げてきた歴史や想いを胸に、私も『SHAMAN KING』の世界に思いっきり飛び込みたいと思います。よろしくお願いいたします!」と意気込んでいる。

 『SHAMAN KING』は、霊が見える少年・麻倉葉がシャーマンの頂点を決めるシャーマンファイトに参加し、シャーマンキングとなるため、仲間たちと共に戦いを繰り広げるストーリー。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1998年から2004年まで連載していた漫画が原作で、シリーズ累計3500万部を突破している人気作品。

 最終回を迎えた後、11年に『ジャンプ改』で復活連載を始めたが休刊とともに連載が終了。18年4月より『少年マガジンエッジ』(講談社)で新章となる『SHAMAN KING新章-プロローグ-』が連載されており、今回のアニメ化は『SHAMAN KING』全35巻を原作として、シリーズを最後まで描く。

■キャスト情報
麻倉葉:日笠陽子
阿弥陀丸:小西克幸
小山田まん太:犬山イヌコ
恐山アンナ:林原めぐみ
道レン:朴ロ美
馬孫:高口公介
梅宮竜之介:田中正彦
蜥蜴郎:高木渉
ハオ:高山みなみ
ホロホロ:うえだゆうじ
コロロ:中島愛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事