よゐこ濱口『めちゃイケ』前身番組の降板劇を回顧 当時の尖がり具合に極楽とんぼ爆笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・よゐこが、20日放送のBS日テレ『週末極楽旅』(毎週水曜 後9:00)に出演。先週に引き続き、極楽とんぼとともに河口湖・山中湖周辺を旅する中で、貴重なエピソードが飛び出す。

【写真】極楽とんぼが念願のコンビそろって旅番組

 旅の締めくくりは、1日目の夜にじっくりと語りあった内容が話題に。28年間、週2 回会っていた当時の状況を振り返り、加藤は「ちょっと家族を超えるよね」としみじみ。濱口優は『めちゃイケ』の前身番組を一度降板していたが、最終回でゲストとして呼ばれることになっていたが「番組に出たくない」とマネージャーに伝えていたようで「自分ははじかれたから、2度とあのメンバーと一緒になることはないと思っていた。いつか大きくなって一緒に番組ができればいいと思っていて、とにかくコンビで売れようと思っていた」と当時の心境を吐露する。

 出演を断ろうとしていたという、濱口の強気なエピソードに、当時の記憶がよみがえった加藤浩次は「あの当時の濱口、結構尖ってたか! なんか思い出してきた 。髪も染めてアクセサリーもして」とぶっちゃけ。濱口も「バチクソ尖ってましたよ」と認め、『めちゃイケ』のオープニングで格好をつけて撮ったシーンで「オレ、あの撮影の時ずっとガムを噛んでるんですよ、実は(笑)」と今思い起こすと恥ずかしい尖り具合に、極楽とんぼも爆笑する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事