田中圭、キッズインスタグラマー・COCOに驚きの連発「やたらおしゃれだなと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の土屋太鳳(25)と俳優の田中圭(36)が19日、都内で行われた映画『哀愁しんでれら』(2月5日公開)完成報告会に出席した。

【動画】土屋太鳳の“ギャップ”を全身で表現する田中圭

 土屋が演じるのは、平凡な毎日を送っていた市役所勤めの小春。しかし、ある夜、祖父が倒れ、父が飲酒運転で連行、自宅が全焼、彼氏の浮気現場を目撃するなど、怒とうの不幸にあい、一晩ですべてを失ってしまう。そんな中、田中演じるイケメン開業医の泉澤大悟と出会う。前妻を事故で亡くし、8歳の娘を男手ひとつで育てているが、互いに引かれ合い小春にプロポーズ。不幸から幸せの頂点へ駆け上がり、幸せな家庭を築いていくことを決意した小春だったが、ある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。

 この日は、小春と大悟の娘・ヒカリ役を演じ、インスタグラムのフォロワー数が約63万人のCOCO(10)も登壇。本作で初めての映画出演さらには演技初挑戦となったが、土屋は「COCOちゃんは大変なシーンが多いんですが、この難しい作品が成り立ったのはCOCOちゃんのお芝居があったからだと思います」と絶賛。

 田中も「途中で初めての演技と聞いたんですけど、とても初めてとは思えなかった」と芝居のうまさをたたえ「あと、やたらおしゃれだなとは思ってました」と明かした。メガホンをとった渡部亮平監督(33)は「田中さんは『インスタ…。COCOすげえ、かっけえと言ってました』」と暴露するなど、驚きの連続だったという。

 撮影現場のエピソードを聞かれたCOCOは「絵を書くシーンがあって、太鳳さんと圭さんと似顔絵を書いたのですが、一番絵が上手だったのは太鳳さんでした(笑)」と話すなど、イベントを楽しんでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事