町田啓太、連ドラ初主演 美しきバーテンダー演じる「心が和らぐような作品を目指して励みたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の町田啓太が2月11日より放送スタートするMBSドラマ特区枠『西荻窪 三ツ星洋酒堂』で連ドラ初主演を飾ることがわかった。『月刊ミステリーボニータ』(秋田書店刊)で2020年11月号から連載スタートした原作を異例のスピードで実写化。東京・西荻窪にある、カクテルと缶詰を出す少し変わったバー・三ツ星洋酒堂を舞台に、そこを訪れるお客さんたちの人間ドラマを描く。町田は美しい青年バーテンダーの雨宮涼一役を演じる。

【写真集カット】たくましい二の腕…タンクトップ越しにもわかる町田啓太の筋肉美

 雨宮と、無口なシェフ・中内、そしてオーナーの小林、同級生の男性3人で営業するこの小さなバーには、人生の様々なことに思い悩む人々が、その雰囲気に惹かれて思わず足を踏み入れてしまう不思議な魅力があり、今日も悩みを抱えた客が訪れる。そして、三ツ星洋酒堂で働く3人自身も、過去に何かを抱えているようで…。

 毎話悩みを抱えるゲストキャストがバーの客として登場、雨宮が作るカクテルと、中内が供する“缶詰”の料理を味わい、小林が醸し出すバーの雰囲気に包まれて、そこで思いの丈を吐き出すと、気がつけば、少し前を向けるようになっている。毎回登場するカクテルや缶詰料理も見どころとなる。

 町田はNHK連続テレビ小説『花子とアン』やTBS『中学聖日記』など話題作に出演、そして2020年“チェリまほ”現象を引き起こした『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)で一躍、注目を浴びた。今回演じるのは裕福で、何不自由のない生活を送ってきたが、先代のオーナーが亡くなったのを機に『三ツ星洋酒堂』バーテンダーとなった雨宮。人のやりたいことや気持ちを理解し、困っている人がいるとつい手助けしてしまう…といったキャラクター。

 町田は原作を“雨宿りのような物語”と表現。「雨宿りに足を止めてみたときに出逢った人たちと、どんな雨の中を歩んできたのか語り合い、気が付くと雨が上がり気持ちにも少し晴れ間が差して、またそれぞれ歩いていく…そんな不思議と心が和らぐような作品を目指して励みたいと思います。みなさんも画面越しにはなりますが、ぜひ立ち寄ってみてください」とコメントを寄せている。

 また、オープニング主題歌は4人組ロックバンド・I Don’t Like Mondays.の「ENTERTAINER」に決定。そのほかキャストは後日、発表される。テレビ神奈川では毎週木曜の午後11時 MBSでは深夜24時59分から、関東ではチバテレ(2月12日~)、テレ玉(2月17日~)、群馬テレビ&とちテレ(2月18日~)の放送も決定している。

■キャスト・原作・主題歌アーティストコメント

<主演・町田啓太>
原作を拝読させて頂いたときに、雨宿りのような物語だなと感じました。
土砂降りの雨の中でもどこかでちょっと雨宿りすると、少しホッとする感覚があると思います。
雨宿りに足を止めてみたときに出逢った人たちと、どんな雨の中を歩んできたのか語り合い、気が付くと雨が上がり気持ちにも少し晴れ間が差して、またそれぞれ歩いていく…
そんな不思議と心が和らぐような作品を目指して励みたいと思います。
みなさんも画面越しにはなりますが、ぜひ立ち寄ってみてください。

<原作・浅井西先生>
西荻窪は荻窪と吉祥寺の間にちょこんと挟まれた、小さいけれどこだわりの個人店がたくさんの大好きな街です。『西荻窪 三ツ星洋酒堂』はそんな西荻窪の古いバーを舞台に、おいしいお酒と缶詰のお料理に心を軽くしてもらう物語です。この漫画を連載する前に「いつかドラマになったら」なんて編集さんと話してましたが、本当に夢ってかなうんですね。すごい!とても素敵なキャスト様に演じていただき、どんなドラマに展開していただけるのか、楽しみでなりません。

<I Don’t Like Mondays.>
このたび、僕らの「ENTERTAINER」という曲がドラマに起用していただけることになり、ありがとうございます。
女性目線の曲にチャレンジしたので、サビなどは特にドラマにマッチした悩めるお客さんの気持ちを後押しできるような歌詞になっていると思いますので、ぜひチェックして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事