『ボボボーボ・ボーボボ』20周年記念イベント2・20開催 キャスト5人出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気ギャグ漫画『ボボボーボ・ボーボボ』(作者:澤井啓夫)のイベント『ボボボーボ・ボーボボ 原作20周年オンラインイベント~「成人式」と書いて‘ハジケ祭’と読ませたい~』が、2月20日午後5時から配信されることが決定した。

【写真】強烈キャラのボーボボ!出演する子安武人、小野坂昌也ら声優5人

 単行本の累計発行部数は全28巻で700万部を突破、2003年アニメ化、ゲーム化、カードゲーム化のメディアミックスでも盛り上がり、今年2021年に原作連載20周年を迎える「ボボボーボ・ボーボボ」。2019年12月ミュージックステーションでゴールデンボンバーとのコラボでTwitter世界トレンド入りを果たすなど、今でも人々の心に強烈に残る伝説的な作品で、今回、史上初声優出演のオンラインイベントが開催されることになった。

 『週刊少年ジャンプ』にて『ボボボーボ・ボーボボ』第1話が連載開始した記念の2月20日に、ボボボーボ・ボーボボ役の子安武人、ドンパッチ役の小野坂昌也、ビュティ役の野中藍、ヘッポコ丸役の進藤尚美、田楽マン役の金田朋子が一堂に会して、『ボボボーボ・ボーボボ』の20周年=成人式を祝福する。※番組は事前収録された映像の配信番組。

 『ボボボーボ・ボーボボ』は、2001年~07年まで『週刊少年ジャンプ』にて連載していたギャグ漫画。西暦300X年、全世界を支配する皇帝は、国民全てをボーズにすべく「毛狩り」を開始する。そんな世に一人の男・ボボボーボ・ボーボボが現れ、究極の拳法「鼻毛真拳」を使い、人類の髪の毛の自由と平和を守るため戦うストーリー。

 『ドラゴンボール』『ジョジョの奇妙な冒険』『遊☆戯☆王』など他作品のパロディがあり、不条理なギャグバトルを展開するのが見どころのひとつで人気を博し、コミックスは『ボボボーボ・ボーボボ』が全21巻、第2部となる『真説ボボボーボ・ボーボボ』が全7巻。テレビアニメが03年~05年までテレビ朝日で放送された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事